レッドブル代表「予想外の苦戦でグランプリ300戦目が残念な結果に」【F1第14戦決勝】

 2020年F1トルコGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは6位、アレクサンダー・アルボンは7位だった。今回は、レッドブル・レーシングにとって、300戦目の節目に当たるグランプリだった。

2020年F1第14戦トルコGP マックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第14戦トルコGP マックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー

 週末を通してこのコンディションで強さを見せてきたと思ったが、信じられないほど厳しい決勝になり、十分なパフォーマンスを発揮できなかった。

 マックスもアレックスも、非常に滑りやすい路面でのスタートにエクストリームウエットタイヤを履いて臨み、ポジションを落とした。後方の集団にまで落ちた後、1周目の終わりには4番手と5番手を走行していた。

 最初のピットストップを使ってマックスをセブ(ベッテル)の前に出すことに成功、彼にセルジオ(・ペレス)にアタックするチャンスを与えることができた。だがその段階でDRSの使用は許可されておらず、DRSなしでオーバーテイクするのは難しかった。マックスは、セルジオに近づきすぎて、乱流の影響を受けてスピンを喫した。そのため彼をピットインさせ、新しいインターミディエイトに替えなければならなくなった。そうしてマックスは順位を下げ、不利な状況に陥ったのだ。

 アレックスは前を走るレーシングポイント2台よりも速さがあり、いい戦いをしていたが、タイヤに問題を抱え、スピンした。その影響で、彼を予定よりも早くピットインさせることになった。つまりドライバーふたりともが順位を落とす結果になったわけだ。

 今回は我々にとって300回目のレースであり、有望だと感じていた週末だった。そこで最終的に6位と7位というのは残念な結果だ。

 それでも7回目のF1世界タイトルという最多タイ記録を成し遂げたルイス(・ハミルトン)を祝福したい。今日彼は、非常に印象的な形でこの偉業を達成した。