SF/SFLにダブルエントリーの宮田莉朋が4日で1400km超を走破「ホント頑張りました!」

 11月14〜15日に、大分県日田市のオートポリスで開催された全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦/全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第4ラウンド。この週末、スーパーフォーミュラにはVANTELIN TEAM TOM’Sから、スーパーフォーミュラ・ライツにはカローラ中京 Kuo TEAM TOM’Sからダブルエントリーした宮田莉朋が、11月15日のスーパーフォーミュラ決勝を走りきり、4日間で1400km超の距離を走破した。

 今季、スーパーフォーミュラ・ライツ(SFL)とスーパーGT GT500クラス、ピレリスーパー耐久シリーズを主戦場とする宮田は、WEC世界耐久選手権に参戦する中嶋一貴の“代打”として9月26〜27日のスーパーフォーミュラ第2戦岡山でSFデビューを飾った。

 このときもスーパーフォーミュラ・ライツとダブルエントリーとなった宮田だが、今回のオートポリスラウンドでのダブルエントリーは「体力面で厳しいのでは……?」という声も周囲からは多く聞かれていた。というのも、この大会はSFLが週末3レース開催(岡山は2レース開催)で純粋に距離も多く、タイムスケジュールもタイト。またオートポリスは中高速コーナーが多くバンピーで、岡山よりも体力の面で厳しいのは間違いないからだ。

 11月7〜8日に行われたスーパーGT第7戦もてぎの余韻もつかの間、オートポリスではSFLの走行が11月12日(木)からスタートしていた。宮田の各日の走行距離とスケジュールをご紹介しよう。

■11月12日(木)

11:00〜12:35 SFL専有走行1 32周 1’37.449
14:18〜16:24 SFL専有走行2 33周 1’36.557
1日目合計 65周

 スーパーフォーミュラ・ライツは今季、木曜から走行がスタートする。晴天に恵まれた初日、宮田は午前、午後ともにSFLのトップタイムをマークした。もともと「オートポリスは苦手」と語っていたが、タイトルを争う阪口晴南(Buzz Racing with B-MAX)との差も僅差で、緊張感ある初日となった。

■11月13日(金)

09:00〜10:30 SFL専有走行3 30周 1’35.762
13:30〜15:30 SFL専有走行4 41周 1’35.820
2日目合計 71周

 2日目のオートポリスも晴天。この日は午前の専有走行3では阪口がトップタイム、宮田は2番手となった。しかしSFの準備が進む中で行われた午後の専有走行4ではふたたびトップタイムをマーク。「2日間の走行ではタイムは出ていましたが、悩む部分も多かったです。予選に向けてはまだまだ足りないな、と思ってます」と振り返った。

宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM'S 320)
宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM’S 320)

■11月14日(土)

08:20〜08:50 SFL公式予選 9周 第9戦:1’35.493(R)/第10戦:1’36.548
10:05〜11:05 SF専有走行 23周 1’24.931
12:20〜13:23 SFL第9戦決勝 21周+グリッドへの試走3周 優勝
        レース後表彰式・SFL記者会見出席
14:45〜15:45 SFフリー走行 20周 1’25.035
3日目合計 76周

 この日のSFLの予選は早く、多くのドライバーはまだ暗いなか宿泊地を出て、日の出前にサーキットに到着した。赤旗中断があった予選で宮田はニュータイヤ投入が功を奏し、第9戦のポールポジションを獲得。ただセカンドベストの第10戦では3番手に留まった。

 TCRジャパンの予選を挟み、スーパーフォーミュラの専有走行とスタート練習へ。SFで走る初めてのオートポリスながらいきなり2番手につける。ピットビューイングの後、SFL第9戦決勝へ。この週末のSFLで最も長い21周を逃げ切り優勝を飾った。さらに、TCRジャパン決勝をはさみSFのフリー走行へ。ここでは8番手でSFの初日を終えた。SFL第9戦の記者会見後には「しんどいです! お昼食べられてませんし……」とも。

宮田莉朋(VANTELIN TEAM TOM'S)
宮田莉朋(VANTELIN TEAM TOM’S)
宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM'S 320)
宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM’S 320)
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第9戦オートポリス スタート
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第9戦オートポリス スタート

■11月15日(日)

08:00〜08:51 SFL第10戦決勝 14周+グリッドへの試走3周 3位
        レース後表彰式・SFL記者会見出席
10:15〜11:58 SF公式予選 Q1=4周/Q2=4周/Q3=2周 合計10周 7番手
12:40〜13:31 SFL第11戦決勝 14周+グリッドへの試走3周 優勝
        レース後表彰式出席
14:00〜15:53 SF第4戦決勝 41周+ウォームアップ3周+フォーメーション2周 8位
        レース後SFL記者会見出席
4日目合計 90周

宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM'S 320)
宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM’S 320)
スーパーフォーミュラ・ライツ第11戦を制した宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM'S 320)
スーパーフォーミュラ・ライツ第11戦を制した宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM’S 320)
スーパーフォーミュラ・ライツ第11戦のレース後、走ってピットに戻る宮田莉朋
スーパーフォーミュラ・ライツ第11戦のレース後、走ってピットに戻る宮田莉朋
宮田莉朋(VANTELIN TEAM TOM'S)
宮田莉朋(VANTELIN TEAM TOM’S)

 最も多忙だったのが日曜。ふたたび暗い中サーキット入りし、SFL第10戦のレースへ。名取鉄平(TODA FIGHTEX)に迫るも第10戦は3位でフィニッシュした。その後表彰台、記者会見をこなし、TCRジャパンをはさみSFの予選へ。Q3まで進出した。さらに1時間もないなかでSFL第11戦を戦い、今度はポール・トゥ・ウイン。表彰式を終えた後、ダッシュでピットに戻りSFのウォームアップへ。グリッドでしばし食べ物を頬張り、41周のレースを戦い8位フィニッシュ。ポイントを獲得した。その後息つく間もなくふたたびSFLのスーツに着替え、SFのウォームアップのために出席できなかったSFLの記者会見にひとり出席して長い週末を終えた。

 SFのレース後の宮田はさすがに疲れた様子だったが、意外にも“元気”だった。もともと週末を迎える時点で、もし仮に体調に異常をきたしてしまった場合、「これで倒れでもしたら、ダブルエントリーが禁止になってしまうかもしれないじゃないですか。それはイヤだったんです」と語っていた。

「首はヤバかったですね。でもSFの決勝は予選よりもペースが遅いので、なんとか戦えた感じです。でももしあと20周長いようなレースだったら厳しかったでしょうし、走れたとしても判断力が低下していたかもしれません」と宮田。

 さらに宮田は「ポイントを獲ることができましたが、周囲はリザルトだけ見たら『ポイントだけかよ』と言うかもしれません。でも『スケジュールを見てくれ』と言いたいです。ホント頑張りましたから!」と笑顔をみせた。

 ちなみに、オートポリスは1周4.674km。4日間で宮田はひとりで302周しており、1,411km走っている。アウトラップ等の計測されない周を含めればさらに多いはずだ。また熊本県大津町のホテルから土曜までは宮田がレンタカーを運転しており、走行距離はさらに伸びる。4日で本州縦断にも等しい距離を走っていることになる。

 最後に宮田に、ダブルエントリーを乗り切った秘訣は何か……? と聞くと、「バンテリンです。SFのグリッドで塗っているのが映像に映っていると思いますよ。ホント効きます」とチームのスポンサーをバッチリプッシュしてくれた。若さこそあるとはいえ、バンテリンはもちろん、宮田のタイトスケジュールを支えたトムスがチーム全体でつかみとったSFLの2勝+1表彰台、SFポイントフィニッシュという“4レース完走”の結果は、勝利に等しい価値と言えるのかもしれない。

宮田莉朋(VANTELIN TEAM TOM'S)
宮田莉朋(VANTELIN TEAM TOM’S)