BMWが次世代EVの大型SUV「BMW iX」を公開

■WLTPサイクルで600km以上の航続距離を確保

BMWはドイツ現地時間の2020年11月11日、次世代EVの「BMW iX」を披露しました。

コンセプトカーの「BMW Vision iNEXT」が今回、大型SUVでもある「BMW iX」具現化されたことで、ビジョンが現実的なモデルに昇華しています。市場導入予定は、2021年末(2021年後半からディンゴルフィング工場で生産予定)で、ファーストルックとして披露されたものです。

BMW iX
次世代EV「BMW iX」のエクステリア

BMW iXは、BMWグループが開発した新しいモジュール式が採用され、デザイン、サステイナビリティ、ドライビングプレジャー、多用途性、ラグジュアリーというすべての要素に、新しい解釈をもたらすそう。同時に、「SAV」を新たに定義するモデルでもあります。

EVシステムは、2つのモーター、パワーエレクトロニクス、充電技術、高電圧バッテリーからなり、レアアースを使用せずに製造され、370kW/500ps以上の最高出力を発生する見込みとしています。0-100km/h(62mph)加速は、5.0秒以下とアナウンスされています。

BMW iX
BMW iXのインパネ

また、WLTPテストサイクルにおいて、約100kmあたりの総電力消費量は21kWh未満で、最新世代の高電圧バッテリーは、WLTPサイクルで600km以上の航続距離になる見込みだそう。

充電時間は、最大200kWのDC急速充電が可能になり、40分以内にバッテリーを全容量の10~80%まで充電することが可能。さらに、10分以内の充電でも航続距離を120km以上伸ばすことができるそう。ウォールボックスから11kWの高電圧バッテリーを0%から100%まで充電するのに11時間を切るとしています。

(塚田勝弘)