ボッタス9番手「どんなに車が優れていてもタイヤをうまく使えなければ速く走れない」メルセデス【F1第14戦予選】

 2020年F1トルコGPの土曜予選で、メルセデスのバルテリ・ボッタスは9番手だった。

 雨に見舞われたこの日、ボッタスはQ1では2分07秒001、Q2では1分53秒767、Q3では1分53秒258のタイムをマークした。

■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
バルテリ・ボッタス 予選=9番手
 今週末はずっと路面コンディションがとても難しく、今日は特に苦労した。僕らには素晴らしいマシンがあるけれど、結局のところマシンと路面をつなぐものはタイヤであり、タイヤを機能させられなければ、マシンにどれだけ強さがあろうともグリップを発生させることはできない。

 タイヤをうまく使えたチームが、結果的にトップに立ったんだ。その点で僕らは明らかに、十分に良い仕事ができていなかった。

 Q3ではインターミディエイトにまったく熱を入れられず、本当に苦しんだ。目指していたポジションをつかむことはできなかったが、レースに期待する。失うものは何もないからね。

2020年F1第14戦トルコGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2020年F1第14戦トルコGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)