クビアト17番手「肝心な時にミスをした自分にがっかり」アルファタウリ・ホンダ【F1第14戦予選】

 2020年F1トルコGPの土曜予選で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトは17番手だった。

 クビアトは、予選Q1では2分09秒070で17番手となり、Q1で敗退した。Q1の赤旗中断時点では9番手に位置していたが、セッション再開後、大勢のドライバーたちがタイムを更新するなか、スピンを喫してタイムを上げられなかった。

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ダニール・クビアト 予選=17番手
 いい一日ではなかった。自分にがっかりしている。最後のラップでミスをして、最悪のタイミングでスピンした。それで予選が台無しになったんだ。

 今日は難しいコンディションで、コース上からはみ出さないよう走るのが大変だった。そんななかでプッシュし続けていたら、リヤが乱れてしまったんだ。今日はタイヤの扱いをあまりうまくやれなかった。とはいえ、こういうコンディションで走るのは通常ではないことだ。コンディションは極端で、特殊で、グリップはとんでもなく低かった。それでも条件は全員同じだ。僕は自分が思ったように走ることができなかった。

 明日どうなるのか予想できないけど、ウエットでもドライでも苦労することになるだろう。つまり決勝中に何が起きるか分からないということだ。明日も努力し続けるよ。

2020年F1第14戦トルコGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)がスピン
2020年F1第14戦トルコGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)がスピン