ランキング5番手につけるモルビデリ「可能性が小さくても、タイトルを目指したい」/MotoGP第14戦予選トップ3会見

 MotoGP第14戦バレンシアGPの予選がスペインのリカルド・トルモ・サーキットで行われ、MotoGPクラスでフロントロウを獲得したフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)、ジャック・ミラー(プラマック・レーシング)、中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)が会見に登場。予選日を振り返り、決勝レースへの展望を語った。

■フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)/予選:ポールポジション

2020年MotoGP第14戦バレンシアGP フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)
2020年MotoGP第14戦バレンシアGP フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)

「(とてもよかったよ。ヨーロッパGPで行ったことを理解できて、今週に生かそうとしたんだ。実際、昨日からすぐに感じがよくなったよ。上位のポジションを争うことができたんだから素晴らしいことだ。明日もこのリズムをキープしていこうと思う」

「チャンピオンシップを最大限に活用しようとしている。トップ、2位や3位、4位でも僕にとってはいい結果だ。もちろん、可能性が小さいとしても、まだタイトルを目指したい。そのために戦い、ベストな結果を出す。そして、最後にチャンピオンシップで自分のポジションを確認しようと思う。いつも最善の結果を目指しているよ。今は、体調もいいし、バイクのフィーリングもいい」

「(明日のレースは)先週のレースとは違っている。レース全体でミディアムタイヤからいいグリップを得られると思う。僕はそれを選ぶだろう」

■ジャック・ミラー(プラマック・レーシング)/予選:2番手

2020年MotoGP第14戦バレンシアGP ジャック・ミラー(プラマック・レーシング)
2020年MotoGP第14戦バレンシアGP ジャック・ミラー(プラマック・レーシング)

「ほとんどのレースのように、1列目、2列目はすごく重要で、ここは特にほかのサーキットよりも大事なんだ。オーバーテイクするのが難しいからね。先週は、ちょっとほかのライダーに引っかかってしまって、時間をロスしてしまった。だから、今日はいいグリッド位置を獲得しようとすることがいかに重要か、わかっていたんだ。コンディションが完ぺきではなかったけれど、うまくいった」

「ピットレーンは濡れていて、コース上の路面はそれほど悪くはないようだった。もっと悪いと思っていたんだけど。タイヤを交換したあとは、かなり改善できたよ」

「先週はフロントにハードタイヤを履いたんだけど、これはいわゆる安全な選択だった。先週はドライで走った時間がほとんどなかったわけだから。でも、今はミディアムタイヤで速く走れるということを知っていて、明日のタイヤ選択にはすごく自信があるよ。ほかのライダーも速いだろうけれど、うまくいけば逃げることができるだろう。自分のペースで走り、リヤを完ぺきにマネジメントしたい」

■中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)/予選:3番手

2020年MotoGP第14戦バレンシアGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第14戦バレンシアGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)

「バイクには自信があります。特に、フリー走行1回目から、先週のレースのバイクでスタートしたんです。(2戦連続、同じサーキットでの)レースのときには、前戦のバイクでいつもウイークを始めます。そして、だんだん煮詰めていくんです」

「今日はこういうトリッキーなコンディションになるとは思いませんでした。天気予報は雨だとは言っていなかったので。フリー走行3回目もトリッキーなコンディションで、フリー走行4回目はよくなったんですけど、そのあと突然雨が落ちてきました。Q2がどういうコンディションになるのかわからない状況だったんです」

「それで、少しナーバスになっていました。どう予選を走ろうかと心配だったんです。でも、最後には、このトリッキーなコンディションでいいタイムが出せました。3番手にはとても満足しています。素晴らしい結果だったと思います」

「(先週からバイクに変更を加えたか?)いいえ。フリー走行1回目では(先週の)レースバイクを確認しました。コンディションはそこまで大きく変わりませんでしたし、昨日のフリー走行1回目から2回目もそこまで変わりはありませんでした。なので、レースに向けて少しだけエレクトロニクスに手を加えましたが、大きな変更はしていません。少しアジャストはしましたが、特別なことはしていません」