ケンウッドから360度モデルが登場! 前方・後方からのあおり運転も精細に記録! 業界最高の高解像度で360度撮影できるドラレコ

業界最高の解像度でクルマの周りを
360°高精細に記録することができる!

KENWOOD
ケンウッド/360°撮影対応ドライブレコーダー「DRV-CW560」

ケンウッド ドラレコ ドライブレコーダー 煽り運転 カメラ 360度

JVCケンウッドから、360°撮影対応ドライブレコーダーの新製品として「DRV-CW560」が発売される。業界最高の解像度(2160×2160)で前方・後方からのあおり運転や追突・側面からの幅寄せなどの映像を360°高精細に記録することができる。JVCケンウッドでは、すでに360°全包囲録画モデルとして「DRV-C750」を発売し、今作は第2弾。

フルハイビジョンの約2倍となる業界最高となる約466万画素の高解像度で記録でき、360°の広範囲な映像でも高精度に録画可能。前後左右に加え、垂直方向は約210°まで対応する。また、高感度な「STARVIS」センサーの搭載により、夜間やトンネルの暗いシーンでも効果室に録画できる。

無線LAN機能を搭載し、録画中の映像や記録済みの映像をスマートフォンの大きな画面ですぐに確認することができ、画角が異なる5種類のビューモードから選択できる。別売りの車載電源ケーブルを使うことで、最長約10時間の駐車監視録画にも対応。駐車中に状況を長時間にわたって広範囲監視することが可能だ。

また本製品は、交通事故時ドライブレコーダー買替補償制度の対象製品。事前登録して、設置したドライブレコーダーがレッカー搬送を伴う交通事故にあった場合、ドライブレコーダーの再購入費用および諸経費を補填する目的で、ドライブレコーダー協議会から一律4万円が支払われる。

ソニーが開発した好感度CMOSセンサー「STARVIS」。夜間やトンネルなどの暗いシーンでも高画質な録画が可能。
無線LANを搭載し、録画映像をスマートフォンで再生ができるので、PCなどを使わずにその場で録画再生でき、映像を確認できる。
業界最高となるフルハイビジョンの約2倍となる2160×2160(約466万画素)の高画質で記録できるので、360°の広範囲でも高精細な録画が可能。
丸いボディにカメラレンズを搭載した「DRV-CW560」。本体にモニターはなく、無線LANでスマホに映像を飛ばして確認する。

【PARTS SPECIFICATION】
●商品名:360°撮影対応ドライブレコーダー「DRV-CW560」
●価格:オープン価格(市場推定価格:3万3000円前後/税別)
●仕様 電源電圧:DC5.0V(12V専用シガープラグコード付属)、録画時消費電流(最大):480mA(2A)、GPS:あり、Gセンサー:あり、最大録画画角:水平約360°/垂直約210°、F値:F1.8、撮影素子:1/2.8型 約840万画素フルカラーSTARVIS CMOS、記録解像度(最大):2160×2160(動画最大約466万画素)、フレームレート:27fps、記録方式:常時録画/イベント記録/手動録画/駐車監視録画(別売り車載電源ケーブルが必要)、イベント記録時間:検知前5秒/検知後25秒、常時録画ファイル単位:1分、音声記録:あり(ON/OFF可)、録画フォーマット(動画):MOV(H.264+LPCM)、画像補正:WDR、記録映像再生方法:専用アプリ(Android OS/iOS)/専用ビューアーソフト(Windows/Mac対応)、記録メディア:microSDHCカード(16〜32GB対応 Class10以上)、端子:USB規格microB
●寸法:外形寸法W61×H74×D81mm(マウント部含む)
●重量:137g
●付属品:シガープラグコード(3.5m)/取り付けプレート(両面テープ貼済)/microSDHCカード32GB

問:JVCケンウッド カスタマーサポートセンター 0120-2727-87
https://www.jvckenwood.com

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_清水 勤]