【順位結果】2019/20年WEC第8戦バーレーン決勝

 WEC世界耐久選手権は11月14日、2019/20シーズンの最終戦となる第8戦バーレーン8時間レースの決勝がバーレーン・インターナショナル・サーキットで行なわれ、LMP1クラスにエントリーするトヨタGAZOO Racingの7号車トヨタTS050ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス)が優勝を遂げた。

 これにより、7号車をドライブするドライバーの3名は、LMPドライバーズ選手権において世界タイトルを手にしている。

■2019/2020年WEC第8戦バーレーン決勝 暫定結果

Pos. No. Class Team Car Driver Tyre Laps
1 7 LMP1 トヨタ・ガズー・レーシング トヨタTS050ハイブリッド M.コンウェイ
小林可夢偉
J-M.ロペス
MI 263
2 8 LMP1 トヨタ・ガズー・レーシング トヨタTS050ハイブリッド S.ブエミ
中嶋一貴
B.ハートレー
MI 263
3 37 LMP2 ジャッキー・チェン・DCレーシング オレカ07・ギブソン H-P.タン
G.オーブリ
W.スティーブンス
GY 247
4 38 LMP2 JOTA オレカ07・ギブソン R.ゴンザレス
A.F.ダ・コスタ
A.デビッドソン
GY 247
5 29 LMP2 レーシングチーム・ネーデルランド オレカ07・ギブソン F.バン・イアード
G.バン・デル・ガルデ
N.デ・フリース
MI 247
6 22 LMP2 ユナイテッド・オートスポーツ オレカ07・ギブソン P.ハンソン
F.アルバカーキ
P.ディ・レスタ
MI 247
7 36 LMP2 シグナテック・アルピーヌ・エルフ アルピーヌA470・ギブソン T.ローラン
A.ネグラオ
P.ラゲ
MI 246
8 92 LMGTE Pro ポルシェGTチーム ポルシェ911 RSR M.クリステンセン
K.エストーレ
MI 235
9 91 LMGTE Pro ポルシェGTチーム ポルシェ911 RSR G.ブルーニ
R.リエツ
MI 235
10 71 LMGTE Pro AFコルセ フェラーリ488 GTE Evo D.リゴン
M.モリーナ
MI 235
11 97 LMGTE Pro アストンマーティン・レーシング アストンマーティン・
バンテージAMR
R.ウェストブルック
M.マルタン
MI 234
12 95 LMGTE Pro アストンマーティン・レーシング アストンマーティン・
バンテージAMR
M.ソーレンセン
N.ティーム
MI 233
13 56 LMGTE Am チーム・プロジェクト1 ポルシェ911 RSR E.ペルフェッティ
L.テン・フォーデ
J.ベルグマイスター
MI 232
14 83 LMGTE Am AFコルセ フェラーリ488 GTE Evo F.ペロード
E.コラール
N.ニールセン
MI 232
15 88 LMGTE Am デンプシー・プロトン・レーシング ポルシェ911 RSR K.アル-クバイシ
J.エバンス
M.ホルツァー
MI 232
16 54 LMGTE Am AFコルセ フェラーリ488 GTE Evo T.フロー
F.カステラッチ
G.フィジケラ
MI 232
17 86 LMGTE Am ガルフ・レーシング ポルシェ911 RSR M.ウェインライト
A.ピカリエッロ
B.バーカー
MI 232
18 57 LMGTE Am チーム・プロジェクト1 ポルシェ911 RSR B.キーティング
D.ペレイラ
J.ブリークモレン
MI 231
19 51 LMGTE Pro AFコルセ フェラーリ488 GTE Evo J.カラド
D.セラ
MI 231
20 77 LMGTE Am デンプシー・プロトン・レーシング ポルシェ911 RSR C.リード
R.ペーラ
D.オルゼン
MI 231
21 90 LMGTE Am TFスポーツ アストンマーティン・
バンテージAMR
S.ヨルック
C.イーストウッド
J.アダム
MI 231
22 98 LMGTE Am アストンマーティン・レーシング アストンマーティン・
バンテージAMR
P.ダラ・ラナ
P.ラミー
R.ガン
MI 231
23 62 LMGTE Am レッドリバー・スポーツ フェラーリ488 GTE Evo B.グリムス
K.コッツォリーノ
C.ノーブル
MI 231
24 47 LMP2 チェティラー・レーシング ダラーラP217・ギブソン R.ラコルテ
A.ベリッチ
G.セルナジョット
MI 231

※リザルトは編集部集計