MotoGP第14戦:難しいコンディションのなかモルビデリがポール獲得。中上貴晶が3戦連続のフロントロウ

 MotoGP第14戦バレンシアGPの予選がスペインのリカルド・トルモ・サーキットで行われ、MotoGPクラスはフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)が2020年シーズン2度目のポールポジションを獲得した。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は3戦連続のフロントロウを獲得。また、タイトル獲得がかかるジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)は12番手で、決勝レースを4列目から迎える。

 予選日からはイケル・レクオーナ(レッドブルKTMテック3)が出走予定だったが、バレンシアに到着後に受けたPCR検査で陽性の結果となり、今大会も欠場となった。レクオーナは前戦ヨーロッパGP前に、アシスタントである弟がPCR検査で陽性となったため、レクオーナは濃厚接触者として拠点とするアンドラ公国の法律により10日間の自己隔離を余儀なくされ、ヨーロッパGPを欠場していた。

 MotoGPクラスのフリー走行3回目前に行われたMoto3クラスのフリー走行3回目では、セッション中に小雨が落ち始める。しかしMotoGPクラスのセッションが始まるころには、部分的にコース上にうっすらと陽が射す様子が確認できるようになった。

 ただ、こうしたコンディションからセッション序盤から走行するライダーは少なく、アレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)やポル・エスパルガロ(レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング)など4名ほどがコースイン。レインタイヤで走行を行った。

 セッション開始15分を過ぎるころになると、走行するライダーはスリックタイヤを履くようになり、少しずつコースインするライダーが増えていく。ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)はこのタイミングで、ジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)は少し遅れてコースイン。初日総合16番手だったクアルタラロ、転倒し総合12番手だったミルは、このセッションで初日を上回るタイムをマークできなければQ1から予選に挑まねばならない。

 セッション後半にはすべてのライダーがスリックタイヤで走行を実施。しかし、全体的にいまだ前日のタイムには届かない状況。残り時間5分を切って、セッション終盤のアタックが始まる。まずビニャーレスが前日のタイムを更新してセッション2番手に浮上。さらにP.エスパルガロがタイムを更新したのに続き、フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)が、初日総合トップのジャック・ミラー(プラマック・レーシング)のタイムを上回る1分30秒168のトップタイムをマークする。

 最終的にセッショントップはモルビデリ。P.エスパルガロが2番手、ヨハン・ザルコ(エスポンソラーマ・レーシング)が3番手で、ビニャーレスは4番手。5番手は終盤のアタックでタイムを更新したミルが入り、3回のフリー走行の総合としても7番手に入った。

 中上はセッション6番手、総合としても6番手で予選Q2へのダイレクト進出を決めている。一方、クアルタラロはセッション9番手だったものの総合としては11番手。また、リンスはセッション11番手、総合15番手で、チャンピオンシップのランキング2番手、3番手のふたりが予選をQ1から臨むことになった。

 フリー走行4回目はスタートからドライコンディションで行われ、トップはリンス、2番手には中上がつけた。3番手はザルコ、4番手はモルビデリで、5番手にミル。11番手がビニャーレス、そしてクアルタラロは16番手だった。

■中上が3戦連続のフロントロウ。ミルは12番グリッド

 予選Q1は気温18度、路面温度18度。このセッションが始まる前には雨が降り始める。Q1から予選に挑むのは、クアルタラロやリンス、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)など11名のライダーである。クアルタラロとリンスはここでQ2に進出しておきたいところだ。

 雨が落ち始めるなか、すべてのライダーはスリックタイヤでコースイン。セッション前半のアタックではブラッド・ビンダー(レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング)がトップ、クアルタラロが2番手につける。

 開始6分過ぎ、アレックス・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が11コーナーでハイサイドを起こして転倒。A.マルケスのすぐ後ろでビンダーが走っていたが、素早く減速して接触を逃れた。A.マルケスは立ち上がってピットに戻り、その後、再びアタックを行った。

 残り時間が5分となるころ、後半のアタックが始まった。リンスは自己ベストを更新するが、カル・クラッチロー(LCRホンダ・カストロール)のタイムの方が上回り、4番手に後退。終盤にはトップ2の変動はなく、このためビンダーとクアルタラロがQ2に進出。リンスは4番手だった。

 予選Q2でもスリックタイヤでの走行となった。3周目のラップタイムでクアルタラロがトップに立つと、その後、ミゲール・オリベイラ(レッドブルKTMテック3)、さらにビンダーがそのタイムを更新。ビンダーが前半のアタックで1分30秒763をマークしてトップに浮上する。

 残り時間7分を切って、ミルは10番手。クアルタラロは3番手、ビニャーレスは9番手という状況。各ライダーがピットインを終えて後半のアタックに入ると、まずP.エスパルガロが2番手タイムをマークする。

 続いてビニャーレスがビンダーのタイムを0.118上回るも、そのあとすぐにミラーとP.エスパルガロがビニャーレスのタイムを更新。さらにモルビデリがトップに立つなど、トップタイムが激しく更新される。終盤には中上が残り時間1分を切って3番手に浮上。中上は最後のアタックでも各セクターでタイムを削っていった。

 最終的にポールポジションを獲得したのはモルビデリ。2020年シーズン2回目のポールポジションを獲得した。2番手はミラーで、3番手は中上。中上は最後のアタックでミラーのタイムには届かなかったものの、3戦連続でフロントロウを獲得した。

 明日の決勝レースでタイトル獲得がかかるミルはまさかの12番手。クアルタラロも後半のアタックでタイムを更新できず、11番手となり、ふたりはともに4列目からのスタートとなる。ランキング4番手のビニャーレスは2列目6番グリッド、ランキング3番手のリンスはQ1を4番手で予選を終えたため、5列目14番グリッドからと、タイトル争いを展開するライダーたちがフロントロウを逃す結果となった。