メルセデス・ベンツのフラッグシップEVクロスオーバー「EQS SUV」市販型、コクピットを激写!

■新型「Sクラス」のようなインフォテインメントシステム搭載

先日、メルセデス・ベンツの電動Sクラスに設定されるSUV「EQS SUV」市販型プロトタイプをスクープしましたが、今度はそのコクピットを激写しました。

メルセデス・ベンツ EQS SUV_004
メルセデス・ベンツ EQS SUV 市販型プロトタイプ

同社はすでに「EQE」と「EQS」にクロスオーバーSUVバリアントを設定することを発表していますが、発表に向けて開発が順調に進んでいる様子が伺えます。

捉えたプロトタイプは依然として厳重なカモフラージュですが、スイープバック(後退角)ヘッドライトからつながるグリルを装備、コンパクトなエアインテーク、緩やかに傾斜したルーフ、フロントガラスなどが見てとれます。

メルセデス・ベンツ EQS SUV_009
メルセデス・ベンツ EQS SUV 市販型プロトタイプ

また、丸みを帯びたショルダーライン、フラッシュマウント・ドアハンドルを装備、フロントフェンダーには充電ポートのようなものも確認できるほか、角張ったリアウィンドウ、ルーフスポイラー、フェイクのエキゾーストカットアウトのようなものも装備していることがわかります。

キャビン内では自立型デジタルインストルメントクラスタ、新型「Sクラス」のようにセンターコンソールから立ち上がるインフォテインメントシステム、おなじみのステアリングホイールを装備する一方、タービンスタイルのレジスター(通気孔)、金属トリムなど独自デザインも確認できます。

メルセデス・ベンツ EQS SUV_010
メルセデス・ベンツ EQS SUV 市販型プロトタイプ

EQS SUVは、電気自動車アーキテクチャ「EVA」(エレクトリック・ビークル・アーキテクチャ)プラットフォームを採用、EVパワーユニットの詳細は不明ながら、EV航続は最大700km(435マイル)を超えるとも噂されます。

性能は謎のままですが、セダンのEQSで最高出力400ps・最大トルク600Nm以上のパフォーマンスを発揮すると予想されており、EQS SUVでも引き継がれる可能性が高いはずです。

ワールドプレミアは、EQSが2021年内、EQS SUVは2022年内に行われると予想されます。

(APOLLO)