ウイリアムズF1のラッセル、新PUエレメントを投入し20グリッド降格ペナルティが決定

 ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、2020年F1第14戦トルコGPにおいて新しいパワーユニット(PU)のエレメントを投入したため、グリッド降格ペナルティを受けることが決定した。

 今回ラッセルが新たに投入したのは、内燃エンジン(ICE)、ターボチャージャー、MGU-Hの3つで、いずれも4基目となる。これらのコンポーネントは、競技規則において年間3基の使用が認められているため、それを超過したラッセルには合計20グリッド降格ペナルティが科される。

 なおラッセルとセルジオ・ペレス(レーシングポイント)は3基目のMGU-Kを投入しているが、これは規定範囲内のためペナルティの対象にはなっていない。

 ラッセルはトルコGPのフリー走行1回目を20番手、2回目を17番手で終えている。セッション後、ラッセルは「FP1ではタイヤを機能させることに苦労したが、FP2ではそれができた。マシンのフィーリングは良いし、燃料を積んだ状態でのロングランペースもかなり競争力があった」とコメントした。

「最後尾からのスタートになるのは残念だが、他車との間にギャップができるので、楽観的に考えている。土曜日のパフォーマンスが良いので、これまでもレースでは僕たちよりも速いマシンとバトルをしてきた。だから今は自分が仕掛けていくのを楽しみにしている」

ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2020年F1第14戦トルコGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)