レクサスLS500はビッグマイナーチェンジでクルマに一体感が生まれたby清水和夫【SYE_X】

■高級サルーン、レクサスLSシリーズは顧客の声も聞き改良されていく

●難易度高めな縦列駐車は自動で! こりゃいいわ by 清水和夫

レクサスLS500
高級サルーン、レクサスLS500

高級車イメージのレクサスの中でも最高峰のゴージャス版、LSシリーズがビッグマイナーチェンジ! さっそく国際モータージャーナリスト・清水和夫さんがチョイ試乗です。

また、ぜ~んぶ自動で行ってくれるというAdvanced Park(自動駐車システム)で、難易度の高い縦列駐車も初体験。では早速!

●ドライブモードでLS500がこんなにスポーティになっちゃうの? コンフォートもいいゾ!

レクサスLS500を試乗する清水和夫さん
ドライブモードはコンフォートがゆったりしてていいなぁ!

今乗っているのはレクサスLS500h、ビッグマイナーチェンジ版です。日本の最高級車、しかもハイブリッドですから、これ以上ないパフォーマンスと燃費を誇るクルマです。

どこが変わったのか?っていうと、エンジン&ミッション・マウントの見直しと、サスのダンパーチューン、そしてパワートレーンのシフトスケジュールなどですね。

レクサスLS500のインテリア
内装には銀糸を使った西陣織など、日本が誇る伝統工芸品を取り入れ、ゴージャス!

LSで課題だったのは、ゴルフ場へ行くときなどの高速を降りた後、ちょっと荒れた路面の田舎道を40~50km/hほどで走っているときの『いなし方』みたいなところがちょっとキツイかな?という、一般の試乗の声があったそうです。そんなオーナーさんたちの声を聞きながら改良されました。

レクサスLS500のエンジン
レクサスLS500のエンジンは、LS500hは3.5L・V6+モーター。LS500 F SPORTは3.5L・V6ターボが搭載されます。

排水溝の段差など、クルマの動きにかなり一体感が出てきたような感じ。今まではパワートレーンが横にブカブカと動くような、ハンドルを切っても少し遅れる、滑るような感じもありましたが、今回のビッグマイナーチェンジにより、ステアリングを切っても一体感のある動きになっていますね。

そうそう! ドライビングモードのスポーツSとスポーツS+の制御の違いがより明確になった感じ。LSでこんなにスポーティになったの!?って。ここはかなり差別化をしたのかな。

ウ~ン…コンフォート、コレ落ち着いていていいな。

マンホールを踏んだ時の乗り心地もそんなに悪くないし、ハーシュネス(路面の凹凸による突き上げ感など)がいいな!

【Advanced Park(自動駐車システム)】
●このコはA型のようなキチっとした性格だな

『発進するにはブレーキを離してください』

Advanced Park
Advanced Park(自動駐車システム)を試してみます。さぁどうだ!?

さぁ、レクサスの自動パーキングですが、ウ~ン…人間だと入れるのイヤだなってスペースです。

Advanced Park
ぜ~んぶ自動で行ってくれるAdvanced Park(自動駐車システム)。キチっとしてるねぇ。

あ! ブレーキから足を離したら勝手に加速しているし、ハンドルもイジってる。今私は何にもしていません。あ! 自動的にバックに入りましたね。アクセルもブレーキもハンドルも私は操作していませ~ん! 自動の縦列駐車って難易度が高いんですよね。

あ~後ろギリギリ! で、切り返し。あ~このコの血液型はA型のようです(※諸説あり!)。完璧に入るまでやるそうです。はい、全部自動でやってま~す。これはいいねぇ! 終わると自動的にPに入ります。

LC500特別仕様車AVIATION
おまけ! LC500特別仕様車AVIATION。ヌメヌメしてます…!
LC500特別仕様車AVIATION
おまけ2! LC500特別仕様車AVIATION、ヌルっとしてます…!?

(試乗:清水 和夫/動画:StartYourEnginesX/アシスト:永光 やすの