ハミルトン4番手「レッドブルはうまく対処しているが、僕らは1周通して恐ろしい状態」メルセデス【F1第14戦金曜】

 2020年F1トルコGPの金曜、メルセデスのルイス・ハミルトンはフリー走行1=15番手/2=4番手だった。

 ハミルトンはFP1で12周を走行し、1分40秒225(ハードタイヤ)で15番手、FP2では39周を走り1分29秒180(ソフト)で4番手タイムを記録した。

■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
ルイス・ハミルトン フリー走行1=15番手/2=4番手
 今日はとても難しい一日だった。ここは素晴らしいサーキットだが、再舗装されたことで走るのにとても苦労した。どのタイヤもうまく機能せず、スケートリンクの上を走っているような感じだったんだ。そのため、普通ならイスタンブールを走るときは楽しさを感じるはずなのに、今日は楽しく走ることができなかった。

 適切な温度よりこれほど低いと、タイヤはうまく機能しない。周回を1周ずつ重ねていき、コーナーのひとつでタイヤが少しうまく機能するようになれば、1秒を見つけることができるんだけどね。

 状況を改善するため、今夜どういう変更ができるのか、見極めていく。やるべきことは山ほどある。マシンには基本的な部分で変更できないものもある。でもできる限りのことをしなければならない。今週末は僕らにとって厳しい戦いになると思うが、それはエキサイティングなことでもあるよね!

(走行後、会見で語り)悲惨な一日だった。路面の状態はポルティマオよりも悪くて、タイヤが機能せず、ここを走る楽しみを感じられない。それは変わらないと思う。1周を通して恐ろしい状況だ。

 今日はマシンのセットアップを全く変えなかった。タイヤが機能していないときには、バランスの問題がどこにあるのか分からないからね。

 他のチームはタイヤをうまく使い始めている。レッドブルはとてもうまくやっているよね。僕らに何ができるのか、変更可能な点を探り出す必要がある。

2020年F1第14戦トルコGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2020年F1第14戦トルコGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)