中上貴晶「フロントロウ獲得が目標。きっと達成できる」/MotoGP第14戦バレンシアGP初日

 11月13日、MotoGP第14戦バレンシアGP初日のフリー走行は、やや雲の多い天候の中で行われ、LCRホンダ・イデミツの中上貴晶が総合2番手となった。第14戦バレンシアGPは、ヨーロッパGPが開催されたリカルド・トルモ・サーキットで2週連続の開催となる。

 2020年シーズン、同一サーキットで2週連続の開催となった大会で、中上は2週目に大きくリザルトを伸ばしている。今大会でも好調なスタートを切った中上は、FP1で1分30秒713をマークして首位発進。そして午後に行われたFP2では1分30秒713とタイムを更新。しかし、トップのジャック・ミラー(プラマック・レーシング)からわずかの差で2番手。総合でも2番手で初日を終えた。

 前戦ヨーロッパGPは、3日間を通し、目まぐるしくコンディションが変わる不安定な大会だったが、バレンシアGPのFP1、FP2はドライコンディションとなり、中上は順調にテストメニューを消化。FP1ではフロントにミディアムタイヤ、リヤにミディアムとハードタイヤを使い1分31秒台で連続ラップを刻んだ。FP2では前後ミディアムのセットで1分31秒台でラップを刻むと、セッション終盤はリヤにソフトタイヤを使い、1分30秒713のベストタイムを刻んでいる。

 前戦ヨーロッパGPはドライコンディションで走る時間が短く、決勝レースは1分32秒台の戦いとなったが、バレンシアGPではさらにペースが上がることが予想される。中上は明日の予選で3戦連続今季4回目のフロントロウ、そして今季2回目のポールポジションを目指す。

■LCRホンダ・イデミツ
中上貴晶 FP1:1番手/FP2:2番手

「今日はいいスタートを切ることができました。FP1、FP2ともにセッションをとおして前進することができました。ポテンシャルは高く、いいフィーリングがあることは明らかです。これはとても重要なことです。もちろん明日の予選へ向けて調整しなければなりませんが、それでもいいペースがあり、いいラップタイムもマークすることができました。引き続きプッシュして、マシンをよくしていきたいです。そして日曜日には最高のパフォーマンスを見せたいです。そのためにも明日はとても重要な日です。今回もフロントロウを獲得することが目標です。きっと達成できると思います」

2020年MotoGP第14戦バレンシアGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第14戦バレンシアGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)

2020年MotoGP第14戦バレンシアGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第14戦バレンシアGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第14戦バレンシアGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第14戦バレンシアGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第14戦バレンシアGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第14戦バレンシアGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第14戦バレンシアGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2020年MotoGP第14戦バレンシアGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)