BMW、次世代電動SUV「iX」の姿を全披露。電気版Xシリーズの旗艦車は2021年後半から生産開始!

BMW iX

BMW iX

「ヴィジョンiNEXT」は「iX」へ

BMWは2020年11月11日、次世代5シーター電動SUV「iX」の姿を世界初公開した。

プロトタイプでは「Vision iNEXT」と呼ばれていた次世代モデルは、かねてよりテストシーンやプレ生産の様子を披露してきたが、いよいよほぼ量産に近い仕様と正式車名が明らかになった恰好だ。生産はディンゴルフィング工場で2021年後半にスタートし、2021年末より市場へ展開するという。

BMW iXのサイドビュー

アルミフレームにカーボンケージの組み合わせ

「iX」は、第5世代に進化する「eDrive」を搭載したフル電動のSAV(スポーツ アクティビティ ビークル。BMWはSUVをこう呼称する)。2つのモーターとパワーエレクトロニクス、充電システム、そして高圧バッテリーを搭載し、最高出力は500ps超え、0-100km/h加速は5秒以下を標榜する。

アルミニウム製のスペースフレームに「カーボン ケージ」を組み合わせた、軽量な高剛性ボディ構造を採用。最新の電動パワートレインやe-AWD、デジタル機器の耐久性や信頼性、品質については、サハラ砂漠から北極圏、ニュルブルクリンクまで、世界屈指の過酷な地域で徹底的にテストが繰り返された。

BMW iXのパワートレインイメージ

600km超の航続距離を実現

100kWh強という大容量のバッテリーを採用しており、WLTPモード換算の航続距離はじつに600km以上を実現するという。さらに最大200kWの急速充電に対応し、忙しいときでも10分あれば120km分をサッと充電することが可能だ。残量10%のバッテリーなら40分足らずで80%までチャージできる。最大11kWの家庭向け充電設備「ウォールボックス」を利用した場合は、寝ている間に0%から100%まで、11時間以内に充電完了するそうだ。

自動運転及びデジタル面も大幅な進化を遂げる模様。高精度センサーの性能やコンピューターの処理速度も格段に向上するとともに、高速通信規格5Gも活用して「より先進的な自動運転や駐車機能が利用可能になる」(BMW開発担当役員フランク・ウェバー)という。

BMW iXのサイドビューイメージ

X5とX6に近いボディサイズ

「iX」のボディサイズは5m弱の全長及び約2mの全幅はX5と同等、全高はX6と同値の1.7mと公表している。一方でホイールサイズは「X7を思わせる」と資料に匂わせることから、20〜21インチあたりの採用が想定される。

デザインにはミニマリズムを徹底しており、フラッシュサーフェス化したドアハンドルやフレームレスのサイドウインドウ、ボディに溶け込むようなテールゲートを採用。巨大なフロントグリルは透明なパネルに覆われ、内側にはレーダーやセンサーなどを埋め込んだ「インテリジェントパネル」として機能する。また「iX」は、BMW量産車史上もっともスリムなヘッドライトを実現している。

BMW iXのヘッドライトイメージ

無粋な機器は巧みに隠す

また、カメラやセンサーはBMWロゴやパーツの背後など見えない部分へ巧みに隠すことで、「Shy Tech(シャイ テク。普段は見えないが、必要なときには姿を現し機能をまっとうするテクノロジー)」のコンセプトを貫いている。

ことさらにハイテクを前面に打ち出し、煌びやかに飾り彩るという流れから、よりシンプルで、より居心地の良い空間へ──この考え方は、これからのプレミアムセグメントに共通する視点のようだ。ちなみにボンネット上のBMWエンブレム下は、ウインドウォッシャー液のリッドを兼ねている。

BMW iXのコクピットイメージ

広大な曲面ディスプレイをコクピットに

センタートンネルがなく、広大なパノラミックガラスルーフを備えたキャビンは開放的のひと言。前後座席ともに余裕たっぷりのレッグルームを用意し、荷室にも5人分の荷物を飲み込むスペースを確保している。キャビンデザインにも「Shy Tech」概念を取り入れており、スピーカーやヘッドアップディスプレイのプロジェクター部分は乗員から見えないように設置。エアコンのルーバーひとつとっても室内に溶け込むよう精巧にデザインした。

コクピットには最新のBMWオペレーティングシステムを採用。12.3インチのインフォメーションディスプレイと14.9インチのコントロールディスプレイは、湾曲した一枚の大型画面ユニットとしてまとめられている。さらに、六角形のステアリングホイール、小さなセレクタースイッチなどが新しいドライバー空間を演出する。

BMW iXの生産工程イメージ

BMWは第5世代の「eDriveテクノロジー」を「iX」はじめ、コンパクトクラスの「iX3」、クーペ「i4」など幅広い車種へ展開していく。グループが掲げる10ヵ年計画では、2030年までに全世界で700万台以上の“電動モデル”を販売し、そのうち70%をフルEVとする、という目標を掲げている。この電動化戦略を率いる旗頭となる「iX」は、BMWにとって重要なマイルストーンとなるはずだ。