ガスリー「コースにショックを受けたが、マシン自体は強力」アルファタウリ・ホンダ【F1第14戦金曜】

 2020年F1トルコGPの金曜、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=4番手/2=7番手だった。

 ガスリーはFP1で26周を走り1分35秒543(ミディアムタイヤ)で4番手、FP2では43周を走り1分29秒944(ソフトタイヤ)で7番手タイムを記録した。

2020年F1第14戦トルコGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第14戦トルコGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ピエール・ガスリー フリー走行1=4番手/2=7番手
 午前のセッションで、このコースの路面があまりに滑りやすかったので、少しショックを受けた。でもこういうコンディションで走るのはとても楽しかったよ。

 F1マシンをこれほどグリップが低い状態で走らせなければならないことはめったにない。マシンセットアップと週末の戦略についてどうすべきか、少し見直して再分析する必要があるだろう。今のところパフォーマンスはとてもいいと思う。でもかなり難しいコンディションなので、予選で力を発揮するためにはすべてのことを確実にうまくやらなければならない。