GTOエンジニアリング、新型V12搭載モデルを開発中!コードネームは「Moderna」

■車重1トン未満、エクステリアは1960年代レーシングカーの意匠を継承

イギリスを拠点とするフェラーリのスペシャリスト「GTO エンジニアリング」は、9月にレプリカ「250 WEBリバイバル」を発表しましたが、新たに2,204ポンド(1,000kg)以下の新型スポーツカーを開発していることがわかりました。

GTOエンジニアリング_001
GTOエンジニアリング 新型V12 ティザーイメージ

公開されたティザーイメージのモデルは「Moderna」のコードネームで呼ばれ、同社によれば、新しいプロジェクトの精神は、「新しい素材を使用し、現代の職人技の限界を押し上げることであり、チームが1991年以来、様々なロード志向、レース志向のフェラーリを構築してきたこと」だといいます。

新型モデルのエクステリアは1960年代レーシングカーの意匠を継承、軽量化のためにアルミニウム製のドアとボンネットを備えています。足回りには軽量で強力なブレーキを収容する、独立したオールラウンドサスペンションと大径ホイールが装備されます。

GTOエンジニアリング_002
GTOエンジニアリング 新型V12 ティザーイメージ

また、「ダブルバブル」ルーフ、ボンネット、ホイールアーチなどの伝統的なスタイリング要素をモダンなタッチで組み合わせているのも特徴的です。そのほか、LEDヘッドライト、スポットライト、テールライト、最新のエキゾーストシステム、および更新された電気系統と内部構造も含まれています。

顧客には、サスペンションやギアボックスなどの主要コンポーネントを調整する機能に加え、多くのペイント、トリム、アクセサリーのオプションも提供されるといい、イギリスにてハンドメイドされます。

(APOLLO)