ポルシェ、WEC撤退でお蔵入りした幻のハイパーカー『919ストリート』初公開

 ポルシェは11月12日、『Porsche Unseen(ポルシェ・アンシーン)』と題された車両デザイン研究を発表し、このなかで2015年から17年にかけてル・マン24時間レース3連覇を成し遂げたLMP1カー、ポルシェ919ハイブリッドのストリートバージョンである『919ストリート』を初公開した。

 ポルシェが今回初めて公開したデザイン研究の成果は、2005年から2019年にかけて考案されたものの、公にはされてこなかった車両をまとめたもの。
 
 ポルシェ919ストリートはそのなかの1台で、車名が示すように2017年に惜しまれつつもWEC世界耐久選手権から姿を消したポルシェLMP1カーのDNAを受け継ぐマシンだ。
 
 ドイツメーカーのLMP1ラストイヤーとなった2017年に作られたこのモデルは、3度のル・マン優勝ならびにWECチャンピオンを獲得した919ハイブリッドで使用されている技術に基づいて開発が行われ、アマチュアドライバーにLMP1レースカーのドライビング体験を提供するクルマと説明された。

 随所に919ハイブリッドの面影を感じさせるボディカウルの内部にはカーボンファバー製のモノコックがあり、コクピットの後方にはポルシェ919がル・マンを含む数々のレースで勝利を収めるのに役立った、900PSを発揮するハイブリッド・パワートレインが搭載される。

 また、リヤウイングやエンジンフード上のシャークフィン、フロントのカナードなどレーシングカーではお馴染みのエアロパーツ類は省かれているが、車両寸法とホイールベースは919ハイブリッドと同じであるという。

 そんな919ストリートや、1954年に登場したポルシェ550/1500RSスパイダーを彷彿させる『ポルシェ・ビジョン・スパイダー』、未来的なプロポーションをまとったファミリーEVコミューター『ポルシェ・ビジョン・レンディエンスト』などを収めたデザイン研究は12日、『ポルシェ・アンシーン』というタイトルの本となって出版された。

 未発表のコンセプトカーを公開したこの動きに合わせて、ポルシェではドイツ、シュトゥットガルトにあるポルシェミュージアムにおいて、2021年にもこれらのモデルを展示する予定だ。

LMP1カーのようなリヤウイングはないが、翼端板とウイングの存在を想起させるデザインが採用された919ストリートのリヤ
LMP1カーのようなリヤウイングはないが、翼端板とウイングの存在を想起させるデザインが採用された919ストリートのリヤ
2020年11月12日に初公開されたポルシェ919ストリート
2020年11月12日に初公開されたポルシェ919ストリート
ポルシェ919ストリートのヘッドライト
ポルシェ919ストリートのヘッドライト
ヘッドライト下部に設けられたスリット状のエアポケット
ヘッドライト下部に設けられたスリット状のエアポケット
コクピット後部の処理はポルシェ911とよく似ている
コクピット後部の処理はポルシェ911とよく似ている
一文字テールランプの両端にはレースカーの翼端板をイメージしたデザインがみられる
一文字テールランプの両端にはレースカーの翼端板をイメージしたデザインがみられる
ポルシェ919ストリートのリヤビュー
ポルシェ919ストリートのリヤビュー
登場すればポルシェ初のミニバンだった? EVコンセプトカーの『ポルシェ・ビジョン・レンディエンスト』
登場すればポルシェ初のミニバンだった? EVコンセプトカーの『ポルシェ・ビジョン・レンディエンスト』
『ポルシェ・ビジョン・スパイダー(Porsche Vision Spyder)』
『ポルシェ・ビジョン・スパイダー(Porsche Vision Spyder)』
『ポルシェ・ビジョン・スパイダー(Porsche Vision Spyder)』
『ポルシェ・ビジョン・スパイダー(Porsche Vision Spyder)』