レッドブルF1、育成ドライバーのビップスをトルコGPのリザーブに起用。F1テスト&スーパーライセンス取得済み

 レッドブル・レーシングは、11月13日から15日に開催される2020年F1第14戦トルコGPのリザーブドライバーとして、ジュニアドライバーのユーリ・ビップスを起用することを明らかにした。

 エストニア出身20歳のビップスは、2017年にADAC F4選手権でチャンピオンになった後、2018年と2019年にヨーロピアンF3選手権/FIA-F3選手権に参戦、ランキング4位を獲得した。2020年には全日本スーパーフォーミュラ選手権にTEAM MUGENからフル参戦する予定となっていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で来日することができず、8月から、負傷したショーン・ゲラエルの代役としてDAMSからFIA-F2選手権に出場している。

2020年FIA-F2ムジェロ・スプリントレースで3位を獲得したユーリ・ビップス
2020年FIA-F2ムジェロ・スプリントレースで3位を獲得したユーリ・ビップス

 トルコGPを前にした12日木曜、レッドブルは、ビップスがF1カーで300kmの距離を走り、FIAスーパーライセンスを取得したこと、トルコGPではレッドブルとアルファタウリのリザーブドライバーを務めることを、SNSを通して発表した。

 これまでリザーブドライバーの役割を担ってきたセバスチャン・ブエミとセルジオ・セッテ・カマラはこの週末、レースに出場する予定があるためと、チームは説明している。