「小さな高級車、かも」大城もも子×トヨタ・ヤリスクロス【注目モデルでドライブデート!? Vol.49】

■ヤリスクロスなら2倍も速い

大城もも子×ヤリスクロス
ヤリスよりちょっと大柄です

「自動で動いちゃうの? スゴい! 便利だね。」

ヤリスクロスに接した彼女が驚いたのは、電動テールゲート。荷室のドアが、手で開け閉めしなくても電動で動いちゃうやつだ。しかも、バンパーの下に足を出し入れすることでスイッチに触れることなく開閉操作できるアイデアまで組み込んでいる。両手がふさがっていてもテールゲートを開閉できるのだから役立ちそうだ。

大城もも子×ヤリスクロス
包容力あるSUV!?

実は、電動ゲート自体は今どきのSUVでは珍しいものではないけれど、ヤリスクロスにとってはちょっとした自慢。

その理由は、トヨタのコンパクトカーとしては初めての採用だからだ(オプションではあるけれど)。周りを見回しても、プレミアムブランドを除けばこのクラスで電動テールゲートを設定しているクルマは見当たらない。トヨタはヤリスクラスに、同クラスのライバルを超える装備を投入してきたというわけだ。

ちなみに電動テールゲートのシステムは新開発で、従来のトヨタ車に対して約2倍の速度で開閉できるのだとか。

■充実の装備内容

大城もも子×ヤリスクロス
乗降性に優れるシート

「あれっ、ここも電動なんだ。小さいのに高級車みたい!」

今度は運転席から彼女の声が聞こえた。彼女が驚いたのは、運転席のシート。ヤリスクロスの上級グレードには電動調整機能が組み込まれている。電動調整式のシートといえば、やっぱり高級車に備わっているイメージ。これも、普及価格帯のコンパクトカーとしては異例だ。

大城もも子×ヤリスクロス
「次はドコ行くのかな?」

ヤリスクロスに備わる電動機能は、これまでのコンパクトカーの常識を超える充実ぶり。そんな装備内容を見ても、ヤリスクロスが「普通のコンパクトカーのちょっと上」を狙っているのが伝わってくる。

「引き出しがたくさんあるっていうか、包容力があるっていうか。さりげなくサポートしてくれる感じが優しい。出しゃばらないけど気が利く、デキる男みたいだね」

そんな彼女の言葉は“まさに”と思うけど、もしかしてボクには足りない部分がたくさんある……ってことかな? ヤリスクロスみたいに気が利いたヤツになるには、まだまだ修行が必要なようだ。(おしまい)

大城もも子×ヤリスクロス
ヤリスクロスと

(文:工藤 貴宏/今回の“彼女”:大城もも子/ヘア&メイク:東 なつみ/写真:ダン・アオキ)