アストンマーティン ヴァンテージ GT4 、イギリスGT選手権GT4クラスで三冠を達成

Aston Martin Vantage GT4

アストンマーティン ヴァンテージ GT4

2019年のデビュー以来無敵を誇るヴァンテージGT4

11月7〜8日に英国・シルバーストン・サーキットで開催されたイギリスGT選手権最終戦「シルバーストン500レース(Silverstone 500 race)」において、アストンマーティン ヴァンテージ GT4が3つのタイトルを獲得した。エントリードライバー向けに開発されたGTマシン、ヴァンテージ GT4は2019年のデビュー以来、イギリスGT選手権のアマチュアカテゴリーで無敵の強さを発揮している。

アストンマーティン・レーシングのパートナーチームであるTFスポーツから参戦したAMRアカデミーのドライバーのダン・ヴォーンとジェイミー・キャロラインは、3時間に及ぶ厳しい戦いの末GT4クラスで2位を獲得。ヴォーンとキャロラインはスネッタートンでの勝利、今回のレースを含む4度の2位表彰台により、GT4チーム選手権、GT4ドライバーズ選手権、そしてGT4シルバーカップのタイトルを手にしている。

TFスポーツのアストンマーティン ヴァンテージ GT4

今回のタイトル獲得についてTFスポーツのチーム代表を務めるトム・フェリアーは、次のように喜びを語った。

「イギリスGT選手権において3つのタイトルを獲得できたことは、予測不可能なシーズンを考えると想定以上の結果です。連覇を達成できたのはチームメンバー全員が懸命に働いてきた証拠と言えるでしょう。ジェイミーとダンはデビューシーズンで王座を獲得し、もう1台のパトリック(キブル)とコナー(オブライエン)は1年を通して彼らと接戦を披露しました。あらためて、チャンピオンとしてシーズンを締めくくることができたことに感激しています」

AMRアカデミーのダン・ヴォーンとジェイミー・キャロラインが三冠を達成

チームメイトバトルを制したヴォーンとキャロライン

ヴォーンとキャロラインのライバルになったのは、同じTFスポーツからヴァンテージ GT4で参戦したコナー・オブライエンとパトリック・キブル。オブライエンとキブルはシーズン2勝を挙げており、TFスポーツはクラス優勝3回、合計12回の表彰台を獲得したことになる。

アストンマーティン・レーシングのデイビッド・キング代表は、ヴァンテージ GT4の好結果について以下のようにコメントした。

「シーズンを通して優れた結果を残し、2年間でヴァンテージ GT4に8つのタイトルをもたらしたトム・フェリアーとTFスポーツに心から『おめでとう』と言いたいです。アストンマーティン ヴァンテージ GT4の英国を含む世界的な成功は、このクルマの競争力とドライブしやすさを示しています」

「私たちは当初から、カスタマー向けレーシングカーのヴァンテージ GT3とGT4が、才能あるアマチュアや若手ドライバーにとって乗りやすく、同時にタイトルを狙えるだけの戦闘力を与えるために努力を続けてきました。今回の成功はこのプログラムが力強く成長し続けていることを示しています」