「TE37V生誕10周年を記念したスペシャルモデル登場」原点に立ち返ったブロンズカラーで魅せる!【最強ホイール解体新書】

初代TE37をオマージュしたアニバーサリー仕様

A.M.T.による繊細な彫刻ロゴもポイント!

ボルクレーシングを代表するTE37シリーズの中で、AE86はもちろん、その他多くの国産旧車のためにデザインされたモデルがTE37Vだ。モデル名のVとは、Vintage(ビンテージ)を意味するのだが、そのデザインや技術には最新のホイール設計思想が投入されており、復刻版的なレトロホイールとは一線を画す仕上がりとなっている。

そんな名作も2020年で誕生10周年を迎えることとなり、その大いなる節目を飾るアニバーサリーモデルがレイズより発表された。TE37の魂とも言うべきブロンズカラーで彩られた『TE37V 10th anniversary』だ。

見所はカラーのみならず、これまでステッカーだったVOLKとRAYSのロゴを、レイズ独自の特許技術である『A.M.T.』で表現しているのもポイント。アクセントとして映えるアルミ地の輝き、芸術的と呼べる機械工具の刃物目を残した彫刻で、アニバーサリーモデルに相応しい特別感を与えている。

発売は2021年春予定。サイズ展開やプライス等はまだ公開されていないが、“限定品”となるそうなので購入を考えている人は定期的にレイズのホームページを覗くことをお勧めする。

●取材協力:レイズ TEL:06-6787-0019