ポルシェと航空機が夢のコラボ! 特別仕様の911ターボSとビジネスジェットをセットで限定リリース【動画】

Porsche 911 Turbo S “Duet” / Embraer Phenom 300E “Duet”

ポルシェ 911 ターボ S “デュエット”/エンブラエル フェノム 300E “デュエット”

同じテーマで仕立てられたジェット機とスーパースポーツ

スペシャル仕様のビジネスジェット「エンブラエル フェノム300E」を購入したエグゼクティブは、ジェット機と同じカラースキームでカスタマイズされた「ポルシェ911ターボS」もオーダーできる。

今回の希少な限定モデルは、ポルシェとブラジルの航空機メーカー「エンブラエル(Embraer)」のコラボレーションによって誕生した。「デュエット(Duet)」と名付けられ、それぞれのセグメントで最もスポーティかつ成功を収めたふたつのモデルをベースに開発されている。

このプロジェクトには、エンブラエルからはフロリダ州メルボルンにあるエグゼクティブジェット・デザイン部門とマーケティング部門が参加。ポルシェからはヴァイザッハのデザイン部門「スタイル・ポルシェ」、シュトゥットガルトのカスタマイズ部門「ポルシェ・エクスクルーシブ・マニュファクチャー」、オーストリア・ツェル・アム・ゼーの「スタジオF.A.ポルシェ」が携わっている。

ポルシェ 911 ターボ S/エンブラエル フェノム 300E “デュエット”

10組限定で製造されるフェノム 300Eと911ターボS

エンブラエルとポルシェは、独自の体験を提供するだけでなく世界中のカスタマーに向けてほぼ無限ともいえるパーソナライゼーションを展開している。

ポルシェのパーソナライゼーション&クラシック部門の責任者を務めるアレクサンダー・ファビグは、エンブラエルとのコラボレーションについて以下のようにコメントした。

「ポルシェとエンブラエルは、共通の価値観を持っています。ふたつのブランドのノウハウを活用した協力関係の一環として、両方の顧客層に訴求するスポーツカーとビジネスジェットの共同開発を行いました」

エンブラエル フェノム 300Eが10機、ポルシェ911ターボSが10台という完全限定の特別仕様は、パフォーマンス、イノベーション、テクノロジー、パーソナライゼーションを重視する特別なカスタマーに向けて開発された。また、“特別”を目指しながらも、日常域における使い勝手も重視された。

ポルシェ 911 ターボ S/エンブラエル フェノム 300E “デュエット”

共通の2トーンカラースキームをチョイス

911ターボSとビジネスジェットは、エクステリアにグロス仕上げの「プラチナシルバーメタリック」と、サテングロス仕上げの「マットジェット・グレーメタリック」の2トーンをチョイス。インテリアも「ブリリアントクローム」と「スピードブルー」が採用された。この複雑なカラースキームの仕上げ工程は、どちらも手作業で行われている。

エンブラエル・エグゼクティブジェット社の社長兼CEOを務めるマイケル・アマルフィッターノは、ポルシェとの協力関係に喜びを隠さない。

「このようなインパクトのあるパートナーシップは、究極のカスタマーエクスペリエンスを提供するという、共通のビジョンを持った2社だからこそ実現することができました。この素晴らしい“デュエット”は、目の肥えた我々のお客様の特別な要望からインスピレーションを得ています」

ポルシェ 911 ターボ S “デュエット”のインテリア

航空機とのリンクを強調する様々なディテール

ポルシェ911ターボS “デュエット”の内外装デザインやディテールは、航空機との関係性が各部に込められている。

ブラックレザーには、スピードブルーのコントラストステッチを採用。ステアリングホイールも2トーンレザー仕様となり、12時位置のマーキングにスピードブルーがチョイスされている。インテリアはポルシェ・エクスクルーシブ・マニュファクチャーによるハンドメイドで、この仕様はカタログモデルでは選択することはできないという。

リヤアッパーウイング裏面とドライバーズキーにはフェノム 300Eの機体レジストレーションナンバー(写真の機体は「N911EJ」)が入れられた。ドアシルトリムには、航空機のように「No step」の文字がレッドカラーでライトアップされる。また「スポーツクロノ・パッケージ」でインストゥルメントパネルに配置される時計の文字盤には、航空機の計器のような水平線がプリントされた。

“Duet”の専用ロゴはこのコラボレーションのために特別にデザインされた。空力工学からヒントを得て、イラスト化されたフェノム 300Eの主翼と、スポーツデザイン・パッケージ仕様を施した911のリヤウイングが組み合わせられている。

この“Duet”ロゴは、エクステリアとインテリアの各部に配置。限定モデルをアピールするバッジの他、シートのヘッドレストにもエンボス加工された。さらにLEDドア・プロジェクターも乗降時には“Duet”ロゴを地面に投影する。

ポルシェ911ターボS “デュエット”のエクステリア

Bピラーに配置された特別なエンブレムプレート

ポルシェ911ターボS “デュエット”のベースとなるのは、最新世代のタイプ992型ポルシェ 911ターボS。リヤに搭載される3.7リッター水平対抗6気筒ターボユニットは、最高出力478kW(650ps)を発揮する。

今回のエンブラエルとのコラボレーションにおいて、ポルシェとしては初めてボディカラーにグロスとサテングロスのペイントを組み合わせた。ボディ上部はプラチナシルバーメタリック、下部はジェットグレーメタリックで仕上げられている。航空機の塗装工程と同様に、911においてもすべてのカラーリングが手作業で仕上げられている。

専用デザインのアロイホイールはプラチナシルバーメタリックにペイントされ、リムフランジにはスピードブルーのラインが入れられた。サイドエアインテークとサイドウインドウ・トリムはブリリアントクロームでペイントされ、ここにも航空機のデザインがオマージュされている。

911ターボSのBピラーには特別なエンブレムプレートも配置される。プレートには“Duet”ロゴに加えて、限定台数に対応した10個の小さな長方形が描かれた。オーナーは長方形のうちひとつを選択してブルーにペイント。ブルーをどの場所に配置するかはオーナーに任されており、この911ターボSが貴重な10台のうちの1台であることを示すことになる。このエンブレムプレートは、フェノム 300Eの機体にも配される。

オーナーだけが手にできるポルシェ デザインのラゲッジセット

オーナーだけが手にできるラゲッジとリストウォッチ

ポルシェ911ターボS、エンブラエル フェノム 300E “デュエット”を購入したオーナー全員に、ポルシェ デザインのラゲッジセットがプレゼントされる。高い品質を誇るラゲッジコレクションは、パイロットケース1個とウィークエンドバッグ2個がセットになっている。

また、ポルシェ デザインのリストウォッチ「1919 グローブタイマー UTC(1919 Globetimer UTC)」のスペシャルエディションも付属。文字盤には、今回のコラボレーションでもチョイスされたプラチナシルバーメタリックとジェットグレーメタリックのペイントカラーを採用。さらに仕上げとして高度計のマーキングが施されている。

デイトポインターの先端はエンブラエルのロゴ形状を採用。ブラックのレザーストラップにはポルシェのインテリアレザーを使用しており、スピードブルーのコントラストステッチが特徴となる。また、“Duet”ロゴがレザーストラップ、ケース背面、文字盤に入れられた。