ウイリアムズF1チームに複数の新型コロナ陽性者。トルコGPにはスタッフ交代で対応

 ウイリアムズF1チームは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査で陽性者が多数出て、隔離を行ったことを明らかにした。これにより、今週末の第14戦トルコGPで現地を訪れるスタッフの交代を行うという。

 これまで、マクラーレン、レーシングポイント、メルセデスが陽性者が出たことを明らかにしてきた。マクラーレンでは、3月にチームスタッフのひとりがウイルスに感染したと診断された。レーシングポイントのセルジオ・ペレスは2戦、チームメイトのランス・ストロールは1戦を欠場している。メルセデスはアイフェルGPで陽性者が出たことを発表した。

 そしてウイリアムズF1チームは、10月のポルトガルGPとエミリア・ロマーニャGPの期間中に新型コロナウイルス陽性者が複数出たことを発表した。

「ウイリアムズは、ポルトガルGPおよびエミリア・ロマーニャGPの過程で複数のCOVID-19陽性者が出たことを確認する」とチームの公式声明には記されている。

「彼らの個人的な情報を詳述することはしないが、我々はFIAのCOVID-19ガイドラインに従って、すべてのケースに対処し、FIAとともに取り組むほか、我々のスタッフの安全確保の継続を優先してきた」

「これらのガイドラインに確実に従うために、我々のトラックサイドチームのスタッフ数名も隔離されている。彼らは陽性者との濃厚接触があったと特定されたためだ」

「チーム内部のCOVID-19プロトコルに準じて、複数のファクトリー勤務のスタッフが、次戦トルコGPの週末に、隔離されたスタッフの代理を務めることになる」

「この件について、我々がこれ以上の追加情報を提供することはないことをご理解いただきたい。また我々はこの非常に困難な時期において、サーキットおよびファクトリーで働くスタッフ、そしてその家族の継続的な取り組みと支援に感謝の意を表したい」

ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)のピットストップ
ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)のピットストップ