完全に新しいF1パワーユニットを製作中のフェラーリ「パフォーマンスも信頼性も向上」と好感触

 フェラーリF1チーム代表のマッティア・ビノットによると、チームは2021年に向けて完全に新しいエンジンを準備中であり、これまでのところダイナモのテストでもたらされた結果は”有望”なものだという。

 2020年シーズン、フェラーリは低迷しており、その根本原因であり弱点のひとつは、エンジンパワーが劣っていることであると考えられている。

 2019年にフェラーリはライバルたちより優れたパワーを発揮していた。しかし燃料流量の規則に違反しているという疑いを持たれ、FIAはフェラーリのパワーユニット(PU/エンジン)を調査したものの、違法性が明かされることはなく、FIAとフェラーリの間で協定が結ばれ、その内容については秘密にされた。このことは物議を醸したが、2020年になってフェラーリのパワーは大幅に低下することになった。

 現在の不振から抜け出すため、フェラーリのエンジニアたちは2021年にはまったく新しいパワーユニットを導入すべく取り組んでいる。それにより待ち望まれた性能の向上が実現することをフェラーリは期待している。

「我々には現在最高のエンジンがあるわけではない。だが、来年には、レギュレーションに沿ったまったく新しいパワーユニットで走ることになるかもしれない」とビノットは語った。

「フェラーリでは、2021年と2022年に向けたさらなるパワーユニット開発のために、多くの投資が行われている。そのエンジンのテストを現在ダイナモで行っており、性能と信頼性の両面におけるフィードバックは非常に有望だと思われる」

フェラーリF1チーム代表マッティア・ビノット
フェラーリF1チーム代表マッティア・ビノット

 2021年からF1のレギュレーションでは、マニュファクチャラーのダイナモ使用時間が制限されるが、ビノットは時間管理を「効率的かつ創造的」に行えば、開発において一歩前進できると考えている。

「ダイナモの使用に制約が出るが、ダイナモ上でのすべてのテスト計画を効率的に立案できるかということと、さらに言えばテストに向けて創造的なアプローチをとることができるかということは、我々にかかっている」とビノットは語った。

「ダイナモの運営に多少制約があるとしても、まだ改善の余地はある。それに現在のダイナモでの作業を目にして、私はその結果に満足している」

 フェラーリは2021年に向けて新しいエンジンを開発している唯一のマニュファクチャラーではない。ホンダもまた新たなパワーユニットをF1での最後の年にレッドブル・レーシングおよびアルファタウリに供給する計画だ。

 本田技研工業株式会社の八郷隆弘代表取締役社長は、「2021年シーズンに向けては、よりパフォーマンスを高めた新しいパワーユニットも投入し、レッドブル・レーシング、スクーデリア・アルファタウリとともに、さらなる勝利を目指して最後まで全力で戦い抜きます」とコメントしている。