カナードで挑発!? メルセデスAMG C43後継モデル、ハイブリッドパワーで初の400馬力超か

■V型エンジンと決別、2.0リットル直列4気筒エンジン搭載のマイルドハイブリッド

メルセデス・ベンツが現在開発を進める主力モデル「Cクラス」のハイパフォーマンスモデル、AMG「C43」次世代型プロトタイプをカメラが捉えました。

メルセデス AMG C43_002
メルセデス AMG C43 後継モデル プロトタイプ

ニュルブルクリンク付近で捉えたプロトタイプは、フロントエンドにパナメリカーナグリル、バンパーコーナーには攻撃的カナードを装着、全車軸に大型のクロスドリルブレーキローターを装備しています。

頂点に君臨する「C63」が四角形のクワッドエキゾーストパイプを装着するのに対し、C43では丸型の排気口がみられ、市販型にぐっと近づいている様子が伺えます。また優れたブレーキ、カーボンセレミックローターが搭載される可能性もありそうです。

メルセデス AMG C43_010
メルセデス AMG C43 後継モデル プロトタイプ

注目はその心臓部です。C43、およびC63次世代型では、ともにV型エンジンと決別し、新たに2.0リットル直列4気筒エンジンを搭載、9速オートマティック、および全輪駆動システムと組み合わされます。

また、より強力なパワーを得るために電気モーターを搭載、マイルドハイブリッド技術を採用することにより、最高出力は現行型の385psを超え、過去最高の416psを発揮すると予想されています。

市販型の車名は「C43」を継承すると思われますが、「C53」に変更される可能性もあるといい、2021年内のデビューとなりそうです。

(APOLLO)