スーパーGT:密を避けてピットへ。第7戦もてぎで『ドライブスルーピットウォーク』開催

 11月8日、栃木県のツインリンクもてぎで開催されているスーパーGT第7戦もてぎの決勝日に、新型コロナウイルス対策の新たな試みとして、『ドライブスルーピットウォーク』が行われた。ふだん行われているピットウォークの“密”を避けるために、自家用車でピットレーンを通過するというものだ。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、大きくスケジュールが変更された2020年のスーパーGT。第5戦富士からはファンを動員して行われているものの、人気のイベントのひとつでありドライバーやレースクイーンと間近に触れ合えるピットウォークは、密集してしまうことから今季これまで、スーパーGTではピットウォークは行われていなかった。

 11月8日に迎えた第7戦もてぎの決勝日、そんなスーパーGTで初めて“ピットウォーク”がツインリンクもてぎの企画で行われた。と言っても、自家用車に乗り込んでの『ドライブスルーピットウォーク』という新たなかたちでのものだ。

 第7戦もてぎに向けては、1枚3,000円で限定50台分のチケットを販売。FIA-F4第9戦の決勝レースの後、10時からドライブスルーピットウォークが行われた。ツインリンクもてぎのオーバルコースで待機した参加車(1台あたり定員内ならば何人でも参加可)は、インディカー用のピットレーン出口からゆっくりとコースに進入。ショートカットを通過し、スーパーGTマシンたちがピット内に収まるピットレーンを通過した。

 ピットでは、レースクイーンたちやチームクルー、監督、さらに一部はドライバーも参加したファンをお出迎え。手を振りながらしばしの交流を楽しんだ。オーバルを備えるもてぎならではの試みで、“新しい様式”のなかでのイベントと言えるだろう。

2020年スーパーGT第7戦もてぎ ドライブスルーピットウォークの様子
2020年スーパーGT第7戦もてぎ ドライブスルーピットウォークの様子
2020年スーパーGT第7戦もてぎ ドライブスルーピットウォークの様子
2020年スーパーGT第7戦もてぎ ドライブスルーピットウォークの様子
2020年スーパーGT第7戦もてぎ ドライブスルーピットウォークの様子
2020年スーパーGT第7戦もてぎ ドライブスルーピットウォークの様子