アルファタウリF1代表「4位は運でつかんだわけではない」戦略グループとクビアトを称賛

 アルファタウリF1チーム代表のフランツ・トストは、2020年第13戦エミリア・ロマーニャGPでダニール・クビアトが4位という素晴らしい結果を出したことについて、単に運がよかったのではなく、チームが正しい戦略を採ったためであると述べた。

 クビアトのチームメイトであるピエール・ガスリーにとっては良い一日ではなかった。ガスリーは4番グリッドからスタートしたものの、ラジエターのパーツ破損による水漏れが起きたことで早々にリタイアを余儀なくされ、クビアトひとりがチームのために走ることになった。

 予選8番手だったクビアトは、早い段階で1回目のピットストップを行った。そしてチームは、レース終盤、セーフティカーが導入された際に新品ソフトタイヤに交換する戦略を採った。一方、前にいたほとんどのドライバーたちはステイアウトした。

 リスタートでクビアトはアレクサンダー・アルボン、シャルル・ルクレール、セルジオ・ペレスを抜き、最終的にルノーのダニエル・リカルドのすぐ後ろでフィニッシュした。

「私が言いたいのは、こういうことだ。(4位を獲得できたのは)幸運だったからではない。正しい決断を下したからだ」とトストはレース後、イモラで語った。

「オプションタイヤに交換するために彼を呼び戻す判断をした。これはストラテジーグループによる素晴らしい判断だった」

「他のすべてのチームが同様のことをする可能性があった。そうしたチームもあれば、そうでないチームもあった。そのなかで、我々はああいう行動をとった。それによって成果を得たのだ。終盤に3つ順位を上げ、7番手だった彼が、最終的に4位になった」

「戦略によってダニールは第1コーナーの前でペレスとアルボンをすぐにオーバーテイクでき、数コーナー後にルクレールも追い抜いた」とトストは続けた。
「そうしてダニールは4番手に浮上した。ただ残念ながらそこでレースが終了した」

「あと2、3周あれば、リカルドをオーバーテイクできただろう。それでも、4位はダニールにとって今年のベストレースリザルトだ。チームは非常に素晴らしいパフォーマンスを見せた」

 トストはクビアトの走りも称賛しており、特にフェラーリへのオーバーテイクは”素晴らしい動き”だったと述べている。
「彼はこのコースを気に入っている。マシンにとても満足しており、ああいった素晴らしいパフォーマンスを発揮することができた」

2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGP 4位獲得のダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)をフランツ・トスト代表が祝福
2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGP 4位獲得のダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)をフランツ・トスト代表が祝福

 ガスリーが早い段階でリタイアしたにもかかわらず、クビアトが4位を獲得したおかげで、アルファタウリはコンストラクターズ選手権において6位フェラーリとの差を縮め、14点差まで近づいた。

「我々はフェラーリ(をとらえること)に集中しているわけではない」とトストは主張した。
「できる限り最高の仕事をしていき、最終的にどういう結果が出るのかを見てみよう」

「シーズンの残りレースに向けての準備は整っている。次のイスタンブールでも今の勢いを維持して戦いたい」

 このレースでの走りを称賛されているクビアトだが、2021年にガスリーのチームメイトとして残留する可能性は低そうだ。レッドブル首脳陣は育成ドライバーである角田裕毅がスーパーライセンスを取得した場合、アルファタウリのレギュラードライバーに起用することを希望している。