ボルボ 60シリーズに、特別限定PHEVモデル「Polestar Engineered」を設定

VOLVO S60/V60/XC60 “T8 Polestar Engineered”

ボルボ S60/V60/XC60 “T8 Polestar Engineered”

2019年即日完売のS60特別仕様車が3車種に拡大

ボルボ・カー・ジャパンは、60シリーズの3車種に「T8 Polestar Engineered」を台数限定で設定。2020年11月6日から、下記の専用ウェブサイトで申し込み受付をスタートした。販売台数はS60が15台、V60が20台、XC60が30台の合計65台となっている。

2019年、ボルボは「S60 T8 Polestar Engineered」を30台限定で販売し、発売初日に完売。2020年は導入車種をセダンのS60に加えて、ステーションワゴンのV60、SUVのXC60の3車種に拡大している。

エクステリアは、専用のバンパーやグリルデザインをはじめ、「Polestar Engineered」専用にデザインされた19インチ(S60/V60)と21インチ(XC60)軽量・高剛性な鍛造アルミニウムホイールを装着。併せて「Polestar Engineered」のカラーアイコンでもあるゴールドに着彩されたブレーキキャリパーや、「Polestar Engineered」のロゴがあしらわれたブラッククローム仕上げのステンレススチール製エキゾーストパイプなどを採用している。

ボルボ V60 "T8 Polestar Engineered"

VOLVO V60 “T8 Polestar Engineered”

ボルボ V60 “T8 Polestar Engineered”

専用チューニングが施されたPHEVパワートレイン

「T8 Polestar Engineered」はフロントをエンジン、リヤをモーターで駆動するボルボ独自のプラグインハイブリッド(PHEV)パワートレインに、専用のチューニングを採用。システム最大出力420ps(333ps/430Nm+電動モーターの87ps/240Nm)の圧倒的なパワーを実現した。

プラグインハイブリット・パワートレインにより、通常の「Hybrid」モードでの走行のほか、「Pure」モードではモーターのみによるゼロエミッション走行が可能となり、EV走行換算距離42km(S60/V60)、40km(XC60)という、高い環境性能を両立させている。

また、「Polestar Engineered」モードでは、アクセル、ステアリング、トランスミッションのレスポンスを向上させ、ESCをスポーツモードにした上で、リヤモーターの出力特性をよりスポーツドライビングに適した設定にすることが可能となる。

ボルボ S60 "T8 Polestar Engineered"

VOLVO S60 “T8 Polestar Engineered”

ボルボ S60 “T8 Polestar Engineered”

オーリンズ製ショックアブソーバーを採用

シャシーにも「Polestar Engineered」専用のチューニングが施され、専用装備となるオーリンズ製「DFV(デュアル・フロー・バルブ)ショックアブソーバー」は、前後とも22段階で減衰力調整が可能となっている。専用ストラットタワーバーによるボディ剛性向上と併せて、異なる路面条件で最大限のグリップを実現しながら、正確で一貫したハンドリング特性が得られると同時にしなやかな乗り心地も実現した。

ブレーキは強力なストッピングパワーと高い耐フェード性を得るため、S60とV60にはブレンボ製6ピストン・フロントブレーキキャリパーと、スリット入りベンチレーテッドディスク(フロント/371mm)を搭載。XC60にはドリルドベンチレーテッドディスクタイプのブレーキローター(フロント/400mm)とアケボノ製6ピストン・フロントブレーキキャリパーを採用している。

ボルボ V60 "T8 Polestar Engineered"のインテリア

イメージカラーのゴールドカラー・シートベルト

インテリアでは、専用のゴールドカラー・シートベルトやテキスタイル/ファインナッパレザー・コンビネーションスポーツシート、パドルシフト等が採用された。

今回、「CleanZone」アドバンスト・エアクオリティ・システム(PM2.5センサー、車内自動換気機能付)が採用された。車内から微粒子状物質を除去することでPM 2.5粒子を最大95%車外排出することが可能となり、これにより車内のエアクオリティが最適化。大気汚染や微粒子による健康への悪影響を抑制する。

また、オプションの「B&Wプレミアムサウンド・オーディオシステム」がアップグレードされ、音場再現性が更に向上。新たに「Jazz Club」モードも追加採用された。

ボルボ XC60 "T8 Polestar Engineered"

VOLVO XC60 “T8 Polestar Engineered”

ボルボ XC60 “T8 Polestar Engineered”

先進安全・運転支援機能を全車標準装備

今回、新たに180km/hの最高速度制限とケア・キー(搭載されるキー2本のうち1本がケア・キーとなる)が導入された。

自動車の速度超過が死亡重症事故の大きな原因のひとつであることから、すべてのボルボ車の最高速度を180km/hに制限。また、ケア・キーを使用することで、運転免許を取得したばかりの運転経験の浅い人や、高齢者が運転する際、また他人に貸し出す際などに、予めクルマの最高速度を任意の速度に制限しておくことが可能になった。

速度制限及びケア・キーはどちらもドライバーのより適切な行動をサポートすることで交通事故による死者、重傷者をゼロにすることを目指した取り組みによるものとなる。

クルマ、人、サイクリストが混在する複雑な交通環境において事故を未然に防ぐためクルマにできる最善の対策として、先進の安全・運転支援機能「対向車対応機能」や「歩行者・サイクリスト検知機能」、「インターセクション・サポート(右折時対向車検知機能)」などを備える「City Safety(衝突回避・被害軽減ブレーキ・システム)」を搭載した。

さらに、「全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」、「パイロット・アシスト(車線維持支援機能)」、「ステアリングアシスト付BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」、「衝突回避・被害軽減ブレーキ機能付CTA(クロス・トラフィック・アラート)」、「ランオフロード・ミティゲーション(道路逸脱回避機能)」、「オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)」なども全車標準装備となった。

【車両本体価格(税込)】

S60 T8 Polestar Engineered:919万円
V60 T8 Polestar Engineered:919万円
XC60 T8 Polestar Engineered:1024万円

【問い合わせ】
ボルボ・カスタマーセンター
TEL 0120-922-622