「シルビアのような刺激を86で得るためには・・・」T620Zタービンで作り上げる300馬力仕様が熱い!

エンジン本体ノーマルで到達できる限界点!

スペシャルパーツを一切使わないストリート快速仕様

ノーマルから吸排気チューン、そして現在のボルトオンターボ仕様と、ステップを踏んできたウイングタケオの86。市販パーツのみで構成された、誰でも真似ができる範囲のストリートスペックで仕上げられているのが特徴だ。

エンジン本体は完全なるストック状態。そこにトラストのT620Zターボシステムをドッキングし、最大ブースト圧0.8キロ時に300ps/34kgmを発揮する。EXマニやインタークーラーはキット付属品を使用し、インマニは後期純正を流用。高出力化に伴い、容量が足りなくなる燃料ポンプやインジェクターは強化済みだ。ECUはオリジナルの現車合わせとなる。

なお、トラストの86&BRZ用ボルトオンターボキットには、ノーマルエンジン向けのT518Zタービンとチューンドエンジン向けのT620Zタービンが用意されているが、ウイングタケオでは発展性を考慮してT620Zをチョイス。低速域でのレスポンスはT518Z仕様に比べると劣るものの、中〜高回転域でのパワフルなフィーリングは絶品だ。

エキゾースト環境は、メタルキャタライザーからRH9オリジナルの4本出しフルチタンマフラーに繋がる車検対応のレイアウトとしている。

足回りはクラックスベースのオリジナルで構築。スプリングレートは元々フロント12kg/mm、リヤ10kg/mmの設定だったが、出力向上に伴いリヤのみ14kg/mmへとレートアップ。また、ブレーキはサードの対向4ポットキャリパーで武装。熱容量に不安がある純正に対し、余裕を持たせることでパッド選択の自由度も広げている。

ホイールは17インチのボルクレーシングZE40で、タイヤにはアドバンA052の(255/40-17を通しで履いている。

リヤのGTウイングはウイングタケオのオリジナルモデルをセット。トランクパネルやボンネットはカーボン製を投入して軽量化も進めている。

「余計なコストは掛けずにどこまでいけるか…を探るべく、あえてエンジン本体&ミッションはノーマル仕様としています。例えば、冷却系にしてもオイルクーラーこそ追加しているけどラジエターは純正のまま。それでも水温は特に問題はありません。これでもブーストアップのシルビア並みに走るので楽しいですよ」とは、ウイングタケオの竹尾代表。

エンジン本体やミッションがノーマルの86&BRZでは300psがリミットとなるが、刺激的な加速力を楽しみたい86&BRZユーザーにとっては、まさにお手本的な仕様と言えるだろう。

●取材協力:ウイングタケオ 三重県三重郡川越町高松86-1 TEL:059-364-1225