無限に近い組み合わせでA110を彩る「アトリエアルピーヌ」スタート

好みの仕様を自由に選べるカスタマイズプログラム

アルピーヌ・ジャポンは、過去アルピーヌモデルに採用されたことのある29色のボディカラーから好みの1色と、3種類のデザイン・3色の ホイール(※グレードによって選択できない種類、カラーもあり)、そして4色のブレーキキャリパーカラーを自由に組み合わせてオーダーできるカスタマイズプログラム「アトリエアルピーヌ」の受注を、全国のアルピーヌ正規販売店を通じて開始した。

アトリエアルピーヌを施したA110S

今回スタートしたアトリエアルピーヌでは、29色のボディカラー(61万4000円)を設定し、併せて通常オプションカラーを6色へと拡充。ベースカラーのブラン グラシエも加えれば全36色の選択肢が用意されることになる。

同様にホイールデザインは3タイプかつ3色のカラーから選べるうえ、ブレーキキャリパーも4カラーから組み合わせて好みの仕様を手にすることが可能になった。

アトリエアルピーヌのボディカラー

さらに左右ハンドルの選択、カーボンルーフ、ブラックレザー内装(※リネージのみ選択可)など、通常オプションとアトリエアルピーヌを組み合わせてカスタマイズすることも可能で、アルピーヌ A110をこれまで以上に個性的なモデルとして楽しむことができる。

これらの豊富なカラーはアルピーヌ・ジャポン オフィシャルウェブサイトで見ることができ、コンフィギュレーターによって組合わせを画像で確認することも可能だ。