レクサスIS350で日本のニュル・下山テストコースを清水和夫が攻める!【SYE_X】

■ワザと悪路に設計された日本のニュルブルクリンク、下山テストコース

●こんな酷なコースで鍛えたらクルマはもっと良くなっていくね!by清水和夫

レクサスIS350
レクサスIS350を下山のテストコース-、カントリー路で試乗しました。

2020年11月5日にマイナーチェンジ版が発売された、レクサスのコンパクトセダン、IS350(V6・3.5L)。相当に走り込んで見直されたクルマだと報道されていますね。

今回は、国際モータージャーナリスト・清水和夫さんによるレクサスIS350のインプレッション動画をお届けするのですが、試乗したコースはなんと! その「実際に走り込んでテストを重ねた」というトヨタ・テクニカルセンター・Shimoyama(下山)での試乗です。

トヨタ・テクニカルセンター・下山
トヨタ・テクニカルセンター・下山で清水和夫試乗です

愛知県豊田市の山奥に新たに作られたこのテストコースは、約75mの高低差を持つ全長約5.3kmのカントリー路。世界中の自動車メーカーがテストコースとして走り込んでいる、あのニュルブルクリンクサーキットやドイツのカントリー路を模して造られているそうです。

清水さんは下山テストコース・カントリー路、初走行のようで、特別にコースのインプレッションも同時にお届けです! これは気になる!!

●レクサスIS350は上下左右にかかるGにも耐えられるボディ、シャシーの剛性感がイイ!

清水和夫さん
日本にもこんな凄いコースが出来て、将来は明るいゾ!

ついにこの日が来たな!

トヨタが作った新しい下山のテストコースは、ニュルブルクリンクサーキットと一般道を100km/hで走るドイツのカントリー路を限りなく再現しています。デジタルのシミュレーションではなく、実際に生きたコースで走り、フィジカルな現場でのモノづくりをすることが大事ですよね。

こういうところでしっかりとクルマを作り込んでいけば、世界に通用するクルマになるのです。現場に泊まり込んでサスペンション、ボディ、エンジン…みんなが一体となって作り込んでいくのが、ドイツの自動車開発文化。ようやくそこにトヨタ、レクサスがたどり着いたということ。下山のコースは、今後レクサスのクルマ作りのメッカになると思います。

下山のテストコース
上下左右にGがかかるわ、飛んでいきそうになるわ!

この下山コースにはかなりコーナーのアップダウンがあります。左右のGに上下のGも加わります。わざと荒れた路面も再現していますね。

こういうコースが無いとクルマは鍛えられないんです。でもね、あまり荒れた路面で評価をするのも良くないんですよ。ダンパーの減衰力を上げちゃうから! 他の部分に影響が出ちゃいます。

こりゃ~クルマだけじゃなく、ドライバーも思いっきり鍛えられちゃうな! あ、ラリー車のテストにもいいだろうね。

レクサスIS350コクピット
レクサスIS350のコクピット。

…クルマが斜めになって飛んでいくのもイヤだねぇ。でもこのIS350はフロントの接地感がずっと維持されています。パワステのダイレクト感もかなり出てきていますね。リヤのスタビリティも悪くない。

荒れた路面を110km/hくらいのハイスピードで走っても、ダンピングがいいのと、バネ上のボディがあまり動かない。このへんはボディとシャシーの剛性感が上手くいっている証拠です。

レクサスIS350
こんな凄いコースで鍛えられるクルマは幸せ!

ここを走るとISは本当に良いクルマだと再確認できます。

最近はセダンが売れないって言われていますけど、IS350は余分なものが無くオーソドックスだけど、いざとなれば大人4人が乗れて実用性も高く、こういうところを走れば本当にスポーツカーのように走ることが出来ますね。

 

(試乗:清水 和夫/動画:StartYourEnginesX/アシスト:永光 やすの