F1サポートレースのF2およびF3、2021年は週末3レース開催でラウンド数縮小。大規模なコスト削減策の一環

 将来F1に昇格することを目指す若いドライバーたちが参戦するFIA-F2選手権およびFIA-F3選手権に、2021年から大規模なコスト削減策が導入されることが発表された。これにより両選手権のレースウイークエンドのスケジュールが大きく変更される。

 11月8日、FIA-F2選手権およびFIA-F3選手権は、2021年の新たなコスト削減策を発表した。両選手権のサプライヤーは、エンジンリースおよび一部スペアパーツのコストを来年から大幅に引き下げることに合意したという。さらにプロモーターは、車両の仕様を一定期間変更しないことも決めた。F2マシンは2021年から3年にわたり同じ仕様のものが使われる。F3については2019年に導入された現在の仕様が2021年にも使われ、2022年からの3年間には同じ仕様のマシンが使われる見通しとなった。

 さらに、ロジスティクス・輸送に関する費用を削減するための大きな対策として、レース数を減らさずに開催地を減らすことで合意したという。現在は両選手権とも1回の週末に2レースを開催しているが、来年からはこれが3レースに増やされる。

 2021年、F2は8イベント、合計24レースの開催となり、それによってチームは輸送費を3分の1節約できる見込みだ。F3は7イベント、合計21レースの開催となり、シーズン全体での走行距離は今年よりも増加する。2020年はF2は12ラウンド、合計24レースが予定されており、F3は9ラウンド、18レースが開催された。

 F2とF3はF1グランプリの週末に開催されるが、同じ週末に実施されることはなくなる。FIAとFOMはこれにすでに合意しており、具体的にどのような形式で開催するかについては後日発表される。

 マシンの継続、開催システム変更については、世界モータースポーツ評議会での承認を受けた後に、正式に決定する。

2020年FIA-F2第10戦ロシア レース1 角田裕毅(カーリン)
2020年FIA-F2第10戦ロシア レース1 角田裕毅(カーリン)