アストンマーティンの世界観を採り入れた超高級レジデンスがNYに誕生! 居住者には特別仕様のDBXを提供

NYにそびえる都市型高級レジデンス

アストンマーティンは、建築家サー・デイヴィッド・アジャイと共同して家具付き邸宅をデザインする。「アストンマーティン ホームズ」はニューヨークの高級タワーレジデンス「130 ウィリアム」の59階、60階に合計5室を展開し、各居住者にはデイヴィッド・アジャイがデザインした特別仕様のDBXが供されるという。アストンマーティンはすでにマイアミで高級レジデンスをプロデュースしており、今回が不動産プロジェクトの第2弾となる。

130 ウィリアムの外観イメージ

マンハッタンの空にそびえる「130 ウィリアム」は、ガーナ系英国人のデイヴィッド・アジャイが内外装のデザインを監修した超高級レジデンス。高さ244m、66階建てのビルは、NYの伝統的な石造りの建築にインスパイアを受けて設計された。敷地内にはインフィニティプールや温水プール、サウナ、マッサージ、フィットネス、スパ、テラス、ヨガスタジオ、バスケットボールコートなどを取り揃えている。さらに、プライベートのIMAXシアター、ゴルフシミュレーターや、ケータリング用キッチン、ペット用スパ、ルーフトップテラスなども完備する。

「130 ウィリアム アストンマーティン ホーム」のロッジアイメージ

フォルミタリア製の家具一式を装備

「130 ウィリアム アストンマーティン ホームズ」はすべて広大で開放的なロッジア(涼み廊下)付きで、イタリア製高級家具メーカーであるフォルミタリアによる調度品一式を備えている。

アジャイとアストンマーティンが描き出す世界観は、エレベーターを降りた直後から徹底している。ブロンズを主題に、陰影が印象的な壁紙が廊下一帯をシックに演出。アーチ型のデザインに切り取られたビスポークのスモークグラスは、アストンマーティン デザインが手掛けたものだ。

「130 ウィリアム アストンマーティン ホーム」の廊下イメージ

大理石の調理台やガゲナウの調理機器を完備

リビングルームからは都市を一望できる。家具はすべてメイドインイタリアのフォルミタリア製で、レザーやメタル、ファブリックを組み合わせて細部まで一部の隙なく作り込んだソファやアームチェアは、アストンマーティンのキャビンを彷彿させる。

各部屋の壁面やバスタブ、シンクなどには、イタリアの建築石材サルバトーリ製の厳選した大理石を印象的に使っている。ダイニングルームにはオープンキッチンを備え、ガゲナウ製の調理機器や大理石の調理台、バーカウンターも用意。寝室にはカシミヤ製のヘッドボードクッションを装備した巨大なベッドをはじめ、広々したウォークインクローゼットに、BoffiやFlosの照明、ハンス・J・ウェグナーデザインのラウンジチェアも取り揃えている。

「130 ウィリアム アストンマーティン ホーム」のレーシングシミュレーター室イメージ

レーシングシミュレーター専用室を作ることも

居住者は室内をカスタムすることも可能で、部屋のひとつをレーシングシミュレーターのための空間へ作り替えたり、オフィスや書斎にすることもできる。アストンマーティンが初めて手掛けた本格的レーシングシミュレーター「AMR-01」を設置するのに、これほど相応しい場所はないかもしれない。

オフィスにした場合は、イームズや、北欧のスペース コペンハーゲンが手掛けたSwoonのチェアに、広大な収納棚、ブラックウッド仕上げのキャビネットなどを組み合わせることが可能。

130 ウィリアム アジャイ スペシャル エディション アストンマーティン DBXのフロントイメージ

特別仕様のDBXにも大理石を使用

レジデンスの居住者に供される「130 ウィリアム アジャイ スペシャル エディション アストンマーティン DBX」は、レジデンスの世界観を内外装に取り入れた特別仕様。

黒とブロンズを基調としたDBXには、レジデンスの雰囲気をそのまま反映させている。室内で印象的に使われている大理石に着想を得て、クルミ材をもちいたウッドパネルと大理石による加飾パネルを製作。ラゲッジコンパートメントのフロア一面にこのパネルを配した。レザーシートには深みのあるグリーンを採用している。

130 ウィリアム アジャイ スペシャル エディション アストンマーティン DBXのラゲージルームコンパートメントイメージ

「130 ウィリアム アストンマーティン ホームズ」の、5つの邸宅のうち2つはペントハウス。価格は398万5000ドル(約4億1200万円)から1150万ドル(約11億9000万円)。