ホットドッグも作れるジープ! MTB愛好家に向けたグラディエーターのコンセプトモデルが登場

Jeep Gladiator Top Dog Concept

ジープ グラディエーター トップ ドッグ コンセプト

ジープのピックアップが提案する新しい世界観

米国自動車用品工業界が秋にラスベガスで開催する「SEMAショー」は、カスタマイズ&チューニングカーの一大祭典。毎年多くの来場者を集める大人気のイベントだが、2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大予防のため、オンラインイベント「SEMA 360」として実施された。

そのSEMA 360で、Mopar(FCAグループのパーツおよびサービス部門)は「Jeep Gladiator Top Dog Concept(ジープ グラディエーター トップ ドッグ コンセプト)」を公開した。ラングラーのロングホイールボディに荷台を組み合わせたピックアップトラック「ジープ グラディエーター」をベースに、その積載能力を最大限に活かす方法を提示するコンセプトカーだ。ちなみにtop dogは勝利者、勝ち組を意味するイディオム。

ジープ グラディエーター トップ ドッグ コンセプトのカーゴ

マウンテンバイク乗りに捧げる積載スペース

トップ ドッグ コンセプトは、マウンテンバイクを愛するエンスージアストに向けて作られた。ジープは、入念な品質テストを経て製品化された純正パーツ及びアクセサリーを500以上用意しているが、このコンセプトモデルには約20種類のパフォーマンスパーツを投入している。

トップ ドッグ コンセプトは通常のカーゴボックスに代わり、PCOR(パトリオット キャンパー オフロード)製のストレージシステムを採用。助手席側にはマウンテンバイク関連のツールを収納できる引き出しを備えている。広大な棚や外部用ライトスイッチ、予備の電源なども完備した。

ジープ グラディエーター トップ ドッグ コンセプトのカーゴエリアイメージ

ホットドッグ用のローラーグリルを搭載

また、運転席側には冷蔵庫とホットドッグのソーセージ用ローラーグリルを設置。ゲート部分には、作業エリアを照らすライトも装備している。キャブの上部にもラックを配備しており、積載ボックスを追加することも可能だ。

もちろん、285hp/353Nmを発揮する3.6リッターのV8エンジンに、屈強なバンパー/サイドシルガード、8000lb(約3628kg)まで対応する牽引用のウィンチ、Aピラーの付け根に備えるLEDライトなど、様々なオフロードに対応する頼もしい装備を整えている。

ジープ グラディエーター トップ ドッグ コンセプトのインテリアイメージ

ジープというキャンバスをベースに、新しい世界観を描き出したトップ ドッグ コンセプト。マウンテンバイク愛好家ならずとも、冷蔵庫やグリルを載せたオフローダーのスタディモデルには食指が動かされてしまいそうだ。