「S2000のワンオフ過給機仕様が熱い!」VTEC+スーパーチャージャーで弾ける380馬力を実現

プロショップの技術がオーナーの理想を叶える!

ステップアップも見越したロトレックス製スーパーチャージャー仕様

「このS2000は、当初HKSのGTスーパーチャージャーキット(現在は廃盤)を装着する手軽なプランを提案していたのですが、オーナーさんがウチが製作したワンオフのスーパーチャージャー仕様を見て、『手間や費用がかかっても良いから、ワンオフでカッコ良く、そして速い仕様を!』と熱望されたんです」とは、KBCの高瀬さん。

オーナーの想いを具現化したパワーユニットは、エンジン本体ノーマルのまま遠心式の大型スーパーチャージャーをセンター前方にマウント。コンプレッサー側をフロント方向にすることで、見た目もカッコ良く仕上げているのがKBC流だ。ピークパワーは380ps前後。過給特性は回転数に比例してフラットに高まっていくため、フィーリングは非常にニュートラルで排気量アップ&ハイカム仕様に近い。


 

KBCが選択したコンプレッサーは、米ロトレックス社製のC38-91。プーリー比の設定で最大ブースト圧を0.8キロにセットし、ノーマルエンジンに負担をかけすぎないようにしている。

「容量的には450ps以上も狙えるし、見た目もインパクトがあってチューンド指数が高い。ロトレックスの遠心式を選んだのはそういう理由です。装着は完全にワンオフですが、取り回しも自然だし乗り味も良い感じですよ」とのこと。

排気系に関しては、NA用のまま(ノーマルでもOK)でも問題ないが、この車両はステップアップを見越してワンオフの4-2-1EXマニ(50φ)を装備。エンドマフラーは60φのフルチタン製を奢る。ターボに比べると排圧の上昇に悩まされないため、極端に排気効率を重視したマフラーを選ぶ必要はない。この辺りは、インテーク側で完結できるスーパーチャージャーならではのポイントだ。

過給による吸気温度の上昇はターボ車同様に発生するため、インタークーラーでの冷却は不可欠。同様にパワー向上に伴う発熱量増加への対策として、ラジエターの大容量化やオイルクーラーの追加なども行われている。

エンジンマネージメントはF-CON Vプロが担当。ターボ領域での燃調&点火時期のコントロールが必要なため、フルコンによる制御が取り入れられたのだ。

日々の通勤にも使用される車両ということで、インテリアは快適装備満載。スーパーチャージャー仕様であることを主張するのはブーストメーターのみというジェントルな作りだ。

VTECらしさを犠牲にせず、パワーの底上げが狙えるスーパーチャージャーチューニング。KBCはこうしたワンオフのスーパーチャージャーチューニングを大の得意としているので、気になるユーザーは問い合わせてみてはいかがだろうか。

●取材協力:KBC 茨城県古河市高野713-3 TEL:0280-91-1133