ETCR:イタリア・バレルンガで公式テストを実施。ファーフス「すべてがポジティブ」

 10月19~20日にイタリアのバレルンガ、アウトドローモ・ピエロ・タルフィで、TCR規定を統括するWSC主催による『PURE ETCR』初の公式テストが実施され、テストの準備が整った最初の電動ツーリングカーである『ヒュンダイ・ヴェロスターN ETCR』が充実のテストマイレージを走破。ヒュンダイ・モータースポーツのテスター兼開発ドライバーに就任したアウグスト・ファーフスは「とても前向きな一歩で、すべてがポジティブだった」と充実の表情を見せた。

 TCR規定を活用したフルエレクトリック・ツーリングカー選手権『PURE ETCR』初の公式テストは、シリーズ向けの電動パワートレインを供給するWilliams Advanced Engineering(ウイリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング/WAE)や、シリーズで使用される“Energy Station(エナジーステーション)”などハードウェア開発を担うマグレックやエネルXの公式パートナーやサプライヤーが集結して開催された。

 テストの焦点は、電力管理や車両のトラクションコントロール、バッテリーパフォーマンス、充電など、あらゆる分野に渡ったが、忙しい2日間のドライブを終えたファーフスは「素晴らしいステップだったが、まだまだやるべきことはたくさんあるよ」と、すでにテスターとしての自覚充分のコメントを残した。

「まだ僕にとってもヴェロスターN ETCRのステアリングを握るたびに学ぶことがあり、毎回システムとクルマについて習熟する素晴らしい機会になっている」と続けたファーフス。

「ドライバーとして成長できるのは個人的にうれしいが、今回の目的は技術的な側面の検証にある。WAE製のバッテリーとフルスペックのe-kitを搭載した最初のETCRカーとして、すべてが机上ではなく本物のトラック上でどのように連携するかを確認する最初のチャンスになった」

ETCRの公式スマート充電サプライヤーであるEnelX製の急速充電システムの初テストも行われた
ヒュンダイ・モータースポーツのテスター兼開発ドライバーとして、電動ツーリングカー開発を担うアウグスト・ファーフス

■2回目のテストではアルファロメオとセアトのマシンも参加か

「2日間の充実したスケジュールだったとはいえ、ご想像のとおりこれが1回目のテストに過ぎず、やるべきことはまだたくさんある。ICE(内燃機関)車両とまったく異なるのはもちろん、このETCRカーでモーターが駆動するのは後輪だ」

「その最大重量物であるモーターは車両中央に搭載され、標準的なTCR車両に比べて重量配分が大幅に変化するため、ドライビングスタイルもセットアップも、大きくアジャストする必要がある。静的な条件でさえそうで、そこに電動仕様のドライブが求められるんだ」

「その加速は本当に鋭くて、バレルンガのいくつかの低速コーナーからの脱出で改めて感銘を受けたよ。このETCR車両でレースを戦うのは本当に楽しいだろうね。願わくば、このテストでの経験を元手に僕がその一員としてシートに座れることを祈っているよ」

 このWSCが主催する2020年のETCRテストプログラムは、11月4~5日と11月27~28日にふたたびバレルンガで2回のセッションが実施される予定で、スペイン・セアトの『クプラ e-Racer』やイタリアのロメオ・フェラーリ製『アルファロメオ・ジュリアETCR』も公式トラックデビューを果たすべく、さらに12月にもテスト機会を設ける方向で調整が続けられている。

「我々は大きな技術的問題に直面することなく、シリーズ最初の公式テスト2日間を終えられた。この事実を心から誇りに思う」と語ったのは、TCR規定の生みの親でもあるWSC代表マルチェロ・ロッティ。

「制御ソフトウェアの最適化が進んでいることに満足しているし、この有望なスタートの後、次のテストではパフォーマンス面もチェックしたいと思っている」

「そして現在、12月にさらにセッションを開催してクプラとアルファロメオを走らせられるかどうかを確認している。どちらのクルマも11月末から12月初旬にかけてイギリスのWAEでETCRキットとシステムの統合作業を完了する予定だ」

「加速は本当に鋭くて、ヴァレルンガのいくつかの低速コーナーからの脱出で改めて感銘を受けたよ」と語ったファーフス
ETCRテストプログラムは、11月4〜5日と11月27〜28日に再びここバレルンガで2回のセッションを実施する予定だ