トヨタ・新型ミライの水素燃料電池・フューエルセル技術を清水和夫と学ぶ!【SYE_X】

■近未来自動車の動力源の主流になるか? これが水素燃料電池技術だ

●摩訶不思議で難解な、水素と酸素と発電のハナシ

新型ミライの新技術
コンパクトかつ高性能になったFCV技術。それは、走りの気持ち良さにも現れています。

前回は国際モータージャーナリスト・清水和夫さんによるトヨタ・新型ミライ・プロトタイプ試乗をお届けしました。続く今回は、そのミライの動力源となる水素燃料電池、FCVの基本、仕組みを清水和夫さんとともに学んでいきましょう!

新型ミライの新技術
新型ミライの新技術。

水素充填時間の短さがEVにはない良さ(充電は時間がかかるのが難点)から、近未来的にはFCVが主流になってもおかしくないシステム。でも、そのすべてのシステムを理解するのはなかなか難しい…。

新型ミライの新技術
新型ミライの新技術について、清水和夫さんと学んでいきましょう!

ということで私、clicccar永光も動画を見ました。が…! 理科系に疎い不リケジョな私には、何回見ても「???」だらけ! 家の電球交換くらいしかできないのだから、しょうがない(涙)。しかし、更に十数回ほど見ていくとFCVの入り口の一歩くらいは理解できた…よ~な気がする?

トヨタの高橋さんと清水さん
トヨタZEVファクトリー FC製品開発部 グループ長・高橋 剛さんからFCV技術について伺いました。

講師は、トヨタZEVファクトリー FC製品開発部 グループ長・高橋 剛さん。では動画で、ミライのコア技術、水素燃料電池、FC(フューエルセル)について清水さんと共に講義を聞いて、FCV技術を理解していきましょう!

(インタビュアー:清水和夫/動画:StartYourEnginesX/アシスト:永光 やすの

新型ミライの主なスペック
新型ミライの主なスペック。

【SPECIFICATIONS】
車名:トヨタ ミライ プロトタイプ
全長×全幅×全高:4975(先代比+85)×1885(先代比+70)×1470(先代比-65)mm
最低地上高:155mm
室内長×室内幅×室内高:1805×1595×1135mm
ホイールベース:2920mm(先代比+140)
車両重量:1930kg
トレッド:フロント1610mm/リヤ1605mm
駆動方式:RWD
FCスタック:体積出力密度4.4kW/L/最高出力:128kW(174ps)高圧水素タンク:本数3本/公称使用圧力70MPa/タンク貯蔵性能6.0wt %
モーター:最高出力134kW(182ps)/最大トルク300Nm(30.6kgm)
乗車定員:5名
航続可能距離:850km
最高速度:175km/h