ルノーのジュニアドライバー3人がバーレーンで4日間のテスト。FIA-F3王者ピアストリがF1初走行

 ルノーのジュニアドライバーであるクリスチャン・ルンガー、周冠宇、オスカー・ピアストリは、バーレーンで4日間のF1テストに臨んだ。

 10月29日から11月2日にかけて、ルノーの若手ドライバー育成プログラム、ルノー・スポール・アカデミーの活動の一環として、3人はサクヒールで2018年仕様のR.S.18で周回を重ねた。

 ルンガーと周のふたりは以前にF1マシンでのテストを経験しているが、今年のFIA-F3選手権王者のピアストリにとってはこれが初めてのF1走行だった。

 19歳でオーストラリア出身のピアストリは、10月30日に走行、ピレリのさまざまなコンパウンドを試し、燃料積載量を変更しながらで、合計82周を走行した。

「R.S.18での経験を本当に楽しんだ」とピアストリは語った。「僕にとってF1マシンは今回が初めてだ。だからとても興奮していたし、同時に少しの不安も感じていたよ!」

「インスタレーションラップを走ってからは、不安は消えてしまい、楽しむことと速く走ることに集中した」

「とても楽しめる経験だったし、かなり良いペースが出せたと感じた。すぐにマシンに慣れることができ、多くのことを学んだことは確かだよ」

「いつになろうとも次の経験を楽しみにしている。この機会を与えてくれたルノーF1チームとアカデミーの両方に感謝している」

「僕はとても幸運だと思う。これは誰もができることではないし、誰もが毎日していることでもないんだ」

 ルンガーは初日10月29日を担当、101周の走行経験を積んだ。ピアストリが翌日走行し、周のテストは11月1、2日に行われた。

クリスチャン・ルンガーが2018年型ルノーR.S.18でテスト
クリスチャン・ルンガーが2018年型ルノーR.S.18でテスト

 ルノー・スポール・アカデミーのディレクターを務めるミア・シャリズマンは、4日間のテストでもたらされたパフォーマンスとフィードバックについて、3人のドライバー全員を称賛した。

「クリスチャンと冠宇がそれぞれのプログラムを完了したのは喜ばしいことだ。彼らにとっては、今月終盤にバーレーンで行われる残りのF2ラウンドに向けた準備の仕上げにもなっただろう」とシャリズマンは語った。

「ふたりのドライバーは1日で100周を超える周回をこなすことができた。このことは彼らが昨年R.S.17で行ったF1テストから一歩前に進み、向上したことを示している」

「オスカーのF1マシンでの初日におけるアプローチには感心させられた。彼は非常に早い段階でスピードを出すことができ、走行プランを完了したのだ」

「マシンに乗った初日の彼を見れば、彼が新しいマシンにすぐさま適応する能力があることが分かる。これは我々が望んでいる最も重要な特質のひとつだ」

「3人のドライバー全員のパフォーマンスについて、F1エンジニアたちから良いフィードバックを得ているし、毎年レベルがどんどん上がっているのを見て取ることができる。これからの状況において良い兆候だ」

周冠宇が2018年型ルノーR.S.18でテスト
周冠宇が2018年型ルノーR.S.18でテスト