「Beyond 100」戦略初のモデル、ベントレー・ベンテイガ「EWB」開発車両がテスト中!

■遥かに長い後部ドアを確認、フットスペース向上や豪華な内装にも期待

ベントレーは、「ミュルザンヌ EWB(エクステンデッドホイールベース)」仕様の成功から、同社初のクロスオーバーSUV「ベンテイガ」にもLWB(ロングホイールベース)仕様が設定されることが噂されていましたが、ついに開発車両の撮影に成功、発売が確実となったようです。

ベントレー ベンテイガ LWB_002
ベントレー ベンテイガ LWB 開発車両

初代・ベンテイガとなる現行モデルは2016年に発売、ランボルギーニ「ウルス」をはじめ、ポルシェ「カイエン」、アウディ「Q7」、VW「トゥアレグ」とプラットフォームを共有する兄弟モデルです。

2020年に初の大幅改良を実行、LWBが追加されることになります。同社ではベンテイガにクーペボディも計画しているとみられ、LWBは派生第一弾となります。

ベントレー ベンテイガ LWB_009
ベントレー ベンテイガ LWB 開発車両

捉えたプロトタイプは、ボディサイドに創業100周年のマーケティングキャンペーンとみられる「BEYOND 100」の巨大ペイントがされているほか、後部ドアははるかに長いのが見てとれることからも、後部フットスペースが格段と向上するはずです。

リアドアを除いてエクステリアはほぼベースモデルと同じですが、クシェイ(快適な)シート、追加のアメニティなどインテリアがいくつか調整される可能性が高いと思われます。

パワートレインは、4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンや、最高出力608ps・最大トルク900Nmを発揮する6.0リットルW12気筒エンジンなどをベースモデルと共有すると見られます。

ベンテイガLWBのワールドプレミアは、2021年後半と予想されています。

(APOLLO)