初号機、アジアに見参。エヴァンゲリオンレーシングがマカオGTカップに参戦へ

 11月5日、スーパーGT GT300クラス等、モータースポーツシーンでその存在感を放っているエヴァンゲリオンレーシングを手がけるラナ エンタテインメント株式会社は、11月19〜22日にマカオ市街地のギア・サーキットで開催される第67回マカオグランプリのマカオGTカップに参戦すると発表した。

 人気アニメ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とのプロモーションタイアップにより結成されたレーシングチーム、エヴァンゲリオンレーシングは、スーパーGTや鈴鹿8時間耐久ロードレース等、さまざまなレースで活躍。エヴァンゲリオン初号機のカラーリングでファンからも高い人気を博している。

 そんなエヴァンゲリオンレーシングが、ついに海を越えて難攻不落のギア・サーキットで開催されるマカオグランプリに挑戦することになった。今回、スーパーGTでもタッグを組んでいるX Worksと協力関係にあるアウディスポーツ・アジア・チームTSRTとコラボレーション。アウディR8 LMSに、エヴァンゲリオン初号機をイメージしたパープルとグリーンのカラーリングを施し、『EVA RT TEST TYPE-01 TSRT R8』として登場することになった。

 ドライバーは、チームのオフィシャルドライバーであり、アジアで活躍する中国人ドライバーのデイビッド・ウェイアン・チェンだ。組織委員会からも有力ドライバーとして挙げられている。

 エヴァンゲリオンレーシングは2010年の設立以来、スーパーGTの海外戦をのぞき初めてとなる海外での四輪レース。「世界的にも人気の高いマカオGPは、エヴァンゲリオンレーシング設立10周年を記念するチャレンジとして相応しいレースです」としている。

 今季のマカオGTカップは、例年のようなFIA GTワールドカップとしての開催ではないが、その分EVA RT TEST TYPE-01 TSRT R8の参戦は、アジアでも高い人気があるエヴァンゲリオン初号機の登場ともあり、大きな話題を呼びそうだ。

エヴァンゲリオンレーシング
マカオグランプリ 参戦体制

マシン名:EVA RT TEST TYPE-01 TSRT R8
車両:アウディR8 LMS GT3
デヴィッド・チェン・ウェイアン David Chen Weian
チーム名:アウディスポーツ・アジア・チームTSRT
ドライバー:デイビッド・ウェイアン・チェン

エヴァンゲリオンレーシングがマカオGTカップに参戦する。
エヴァンゲリオンレーシングがマカオGTカップに参戦する。
マカオGTカップに挑戦するEVA RT TEST TYPE-01 TSRT R8のカラーリング
マカオGTカップに挑戦するEVA RT TEST TYPE-01 TSRT R8のカラーリング
マカオGTカップに挑戦するEVA RT TEST TYPE-01 TSRT R8のカラーリング
マカオGTカップに挑戦するEVA RT TEST TYPE-01 TSRT R8のカラーリング
マカオGTカップでEVA RT TEST TYPE-01 TSRT R8をドライブするウェイアン・チェン
マカオGTカップでEVA RT TEST TYPE-01 TSRT R8をドライブするウェイアン・チェン