マカオGP、2020年は3日間・5レースを開催。メインレースは中国F4で『F4マカオGP』に

 11月4日、マカオ市街地のギア・サーキットで争われる伝統のマカオGPについて、主催するマカオグランプリ組織委員会(MGPOC)は、第67回大会となる2020年の開催レースについて発表した。今季はすべて四輪で、11月20〜22日に開催される。

 マカオの港湾区の市街地に設定されるギア・サーキットを舞台に争われているマカオグランプリは、今年67回目を迎える伝統のイベント。これまでメインレースとなっていたF3、さらにツーリングカーで争われるギアレース、マン島TTと同様にチャレンジングなレースであるモーターサイクルグランプリ、さらに近年盛り上がりをみせるGTカップ等、さまざまなイベントが開催されてきた。

 しかし、2020年に向けては新型コロナウイルス感染拡大の影響により、海外からのエントリーが見込めず、主催者としても大いに対応に苦慮してきたが、11月4日、組織委員会は3日間5レースの概要と見どころを発表した。

 まずメインレースとなるフォーミュラのレースは、ミゲールシャシーを使う中国F4で争われることになり、『F4マカオグランプリ』となった。組織委員会は、19際のチャールズ・レオン・ホン・チオとアンディ・チャン・ウィン・チョンの争いを予想している。

 一方、近年はWTCR世界ツーリングカーカップの一戦として争われてきたギアレースは、中国やマカオ等、アジアのTCRドライバーたちによるレースとなり、アウディやフォルクスワーゲン、MG、リンク&コー、ホンダ・シビック等がエントリーに名を連ねた。

 そんなギアレースには、リンク&コーをドライブするマ・キンファ、そして2回のPCR検査と14日間の隔離を経て、マカオで無類の強さを誇るロブ・ハフがMG 6 XパワーTCRで参戦することになった。

 また、マカオGTカップはFIA GT3、GT4による争いとなり、FIA GTワールドカップ以前と似た様相を呈することになった。トップを争うことになりそうなのは、2019年のレースでラファエル・マルチェッロが駆り優勝したメルセデスを駆るダリル・オーヤン、さらに香港からはスーパーGTでもお馴染みのX WORKSから参戦するマーチー・リー、アウディスポーツ・アジア・チームTSRTから参戦するデイビッド・ウェイアン・チェンが有力どころだ。

 この主要の3レースに加え、伝統のツーリングカーカップ、さらにロータス・エリーゼやKTM等で争われるグレーターベイエリアGTカップ等のイベントが開催されるが、二輪のモーターサイクルグランプリについては、多くのエントラントが参加を取り止めたことから、今季は開催されないことになった。

 なお、この概要発表にあわせ組織委員会にはFIA国際自動車連盟会長のジャン・トッド、FIMアジアのステファン・カラピエ、WTCRのプロモーターを務めるフランソワ・リベイロからビデオメッセージが届けられ、イベント継続へ課題を克服したことを祝福。FIA F3ワールドカップ、FIA GTワールドカップ、WTCRという3つのFIAイベントが2021年に開催されることを確信していると述べた。

2019年の第66回マカオグランプリ・FIA GTワールドカップ決勝スタートシーン
2019年の第66回マカオグランプリ・FIA GTワールドカップ決勝スタートシーン
TCR規定の最高峰、WTCRでは2020年から大幅なレースフォーマット変更とコスト削減策が導入される
2019年のWTCRマカオの様子
第66回マカオグランプリ、モーターサイクルGPのスタートシーン
第66回マカオグランプリ、モーターサイクルGPのスタートシーン