「現行スカイライン最強スタイル、爆誕」リバティーウォークの最新作が無双すぎる!

令和のスカGに新たな世界観を盛り込む意欲作

コンプリートキットは42万3500円〜

今や世界が注目するカスタムブランド“リバティーウォーク”。そのエントリーブランドにあたる“lb★nation(エルビーネイション)”から新たにデビューしたのが、今回紹介するV37スカイラインだ。

エアロパーツはスカイライン特有のスタイリングを強調しつつ、車高を落とした際にボトムラインが美しく整うようにデザイン。フロントは後期モデルのVモーショングリルを撤廃し、大幅なイメージチェンジを慣行。R35GT-Rのエッセンスを取り入れたディフューザーを組み合わせ、精悍でスポーティな顔付きを演出する。

前後のボトムラインを整えるサイドステップはカーボン素材の他、FRP素材もラインナップ。

純正バンパーを利用するリアディフューザーは3ピース構造。このアイテムのみ2017年中期モデル以降の適応となっている。

ワークススタイルをルーツに持つリバティーウォークだけに、ダックテール形状のリアウイングはアイデンティティのひとつ。小ぶりな形状ながらも十分な存在感を与えてくれる。

パフォーマンスセダンとしての印象を高めるボンネットも設定。独自のエアロテクノロジーを元に、左右2箇所に大型のアウトレットダクトを配備している。

また、デモカーでは360パワーのサスペンションやTディメンドのアーム類を使用してシャコタン化。 ホイールはUSのフォージドブランドLD97とコラボしたリバティーウォークオリジナルのLD12をセット。前後11Jのディープコンケイブデザインは、今時のストリートで映える組み合わせだ。

エンジン系にも手が入り、VR30DDTTはエスプリのECUチューンにより470psまでパワーアップ。エキゾーストマフラーは、FiエキゾーストのインフィニティQ60用をインストールしている。

なお、デモカーは400Rをベースとしているが、これらのエアロパーツはV37スカイラインシリーズ全モデルに装着可能な設計となっている。そう、価格帯が落ち着いている前期モデルをベースにしたカスタムにも応用できるのだ。

■PRICE LIST

コンプリートボディキット:42万3500円(FRP)、73万7000円(CFRP)/コンプリートボディキット+ボンネットフード:62万1500円(FRP)、102万3000円(CFRP)/フロントバンパーwithディフューザー:15万4000円(FRP)、20万9000円(CFRP)/サイドスカート:8万800円(FRP)、19万8000円(CFRP)/リアディフューザー:11万円(FRP)、19万8000円(CFRP)/リアウイング:7万1500円(FRP)、13万2000円(CFRP)/ボンネットフード:19万8000円(FRP)、28万6000円(CFRP)
 

●取材協力:リバティーウォーク TEL:0561-51-0001