トヨタの新型ミライはまるでスーパージェッター流星号! EVよ、倍返しだ!! by清水和夫【SYE_X】

■ハリアーみたいなSUVのFCV出したら売れるよ!

●充填時間たったの3分!という短さが、EVではまだ実現できない水素電池車の良いトコロ!

新型ミライ
さぁ、新型ミライはどう進化したのか、試乗してみましょう!

2014年12月に発売された初代ミライ。

clicccar+初代ミライの最大トピックスといえば、2019年4月に富士スピードウェイにて弊社主催の「モーターファンフェスタ2019」内で開催された、日本電気自動車レース協会(JEVRA)主催「ALL JAPAN EV-GP SERIES」第1戦「全日本 富士EV 40kmレース大会」に、弊社所有のドノーマル・ミライを駆りだし元F1レーサー・井出有治さんをドライバーに起用して参戦したことです。

思ったより大きくて、無音・無排気(マフラーみたいなところから水だけ出る)の様は、まさに未来の乗り物って感じでした。

MFF2019でのclicccarミライ
モーターファンフェスタ2019でのclicccarミライの雄姿。

そのミライの2代目、まずは東京モーターショー2019で初公開され、ついに国際モータージャーナリスト・清水和夫がプロトタイプに試乗しました。なんだかニヤニヤ楽しそうに試乗していますよ!

●ミライの加速サウンドはまるでスーパージェッター・流星号!…乗ったことないけど

スーパージェッター・流星号!?
スーパージェッター・流星号って!?…ヤングには分かりません!!

「宇宙船・流星号」に乗っているみたいな音だな! あ、分からないか、60過ぎじゃないと」(清水)。

SYE編集スタッフも分からずwikiったみたいです。SFアニメに出てくる宇宙船、空飛べて水中も潜れて道路も走れるアレ…ですね。

「水素オタク・ウォッチャーとしては25年目にしてようやくここにたどり着いたな、って感じ。イーロン・マスク(テスラの社長さん)待ってろよ、倍返しだ!」(清水)

新型ミライのコクピット
新型ミライのコクピットは未来的ではなく、高級感が漂います。

新型ミライはFFだった初代と変わり、FRのプラットフォームになりました。

「水素だからとかFRだからとかじゃなく、クルマとして凄くいい。剛性感やステアリングの切れ味とか」(清水)。

「システムは水素で電気を作って走るEVだけど、トルク的には300Nm。ちょうど3L・NAや2Lターボエンジンくらい。ミライはテスラみたいに速さを追い求めるのではなく、大きい高級なクラウン、レクサスLSのトヨタ版というか、まぁトヨタ・ブランドの中ではセンチュリーを除き最高級モデルに仕上げています。これでレースに出てもいいかも」(清水)。

水素で発電するミライ
FCVのミライは吸った空気と水素で発電します。詳しくは動画で!

エンジンサウンド?みたいな味付けがあるそうですが…?

「スポーツモード…お~~~~~! ノーマルモードはどう?…ちょっと音の質が変わったねぇ。ン~ちょっとダサい。感動しない。水素エネルギーをセーブするエコモードにしてみます…コレが一番静かでいい。極楽だな~」(清水)。

…良く分かりませんので、このミライ・サウンドは動画で確認してください(笑)。

「テスラなどのEVは充電時間が長いでしょ。でも水素の充填は5分もあればイケる(後に3分でイケることが判明!)。

750気圧の高圧水素タンクに、5kgくらいの重さの水素を充填するのに5分(3分)。10分あればお会計も済ませられる(5分でいけるかも!)。それで航続距離800km! EV充電だと軽く1時間以上はかかりますよね。FCVはこの充填時間の短さがひとつの特徴。

新型ミライ
新型ミライは重量配分50:550となったことで、ハンドリングも凄く良くなりました。

そして、新型ミライは重量配分が50:50。今までのトヨタのFR車の中では一番よくできているね」(清水)。

「エアピュリっていうのはエンジンの回転数みたいなもので、空気の吸い込み量を見るものだそう。

FCVのシステムは、固体高分子の薄い膜の間を水素の陽子、プロトンだけが膜を通って向こう側へ行き、その向こう側へ行った水素と吸い込んだ酸素が結合して水になる、その時に発電されます。

トヨタは今、宇宙航空研究開発機構・JAXAと一緒にルナクルーザー(月面探索できる動く家みたいなもの)を開発中。その動力源はすべて水素。月では太陽光で発電できます」(清水)。

あ、それテレビCMで見たことあります!

●清水さん、スーパージェッター流星号(=ミライ)の水素充填は3分です!byトヨタの田中

清水さんとトヨタの田中さん
まるでペアルック?のような清水さん(左)とミライのチーフエンジニア・田中義和さん(右)と流星号でドライブ!?

次に清水さん、Mid-size Vehicle Company MS製品企画 チーフエンジニアの田中義和さんと、スーパージェッター流星号談義!じゃなく、新型ミライと水素エネルギー社会談義をしながらFSWショートサーキットをドライブです。では皆さんも一緒にエアドライブを!

「エネルギー社会として考えると、水素は自然エネルギー系と相性がいいのではないかと思いますね!」(清水)

(試乗:清水 和夫/動画:StartYourEnginesX/アシスト:永光 やすの

新型ミライ主なスペック
新型ミライ・プロトタイプの主なスペック。

【SPECIFICATIONS】

車名:トヨタ ミライ プロトタイプ
全長×全幅×全高:4975(先代比+85)×1885(先代比+70)×1470(先代比-65)mm
最低地上高:155mm
室内長×室内幅×室内高:1805×1595×1135mm
ホイールベース:2920mm(先代比+140)
車両重量:1930kg
トレッド:フロント1610mm/リヤ1605mm
駆動方式:RWD
FCスタック:体積出力密度4.4kW/L/最高出力:128kW(174ps)高圧水素タンク:本数3本/公称使用圧力70MPa/タンク貯蔵性能6.0wt %
モーター:最高出力134kW(182ps)/最大トルク300Nm(30.6kgm)
乗車定員:5名
航続可能距離:850km
最高速度:175km/h