WEC最終戦バーレーン:エントリーリスト更新で1台が撤退。GTクラスではGTWCとのバッティングの影響も

 WEC世界耐久選手権は11月2日、2019/20シーズン最終戦となる第8戦『バーレーン8時間レース』(11月14日決勝)のエントリーリストを更新。1台が参戦をとりやめたことで、バーレーン戦は4クラス・24台で争われることになる。

 最新版のエントリーリストでは、これまでほとんどのレースをニコラ・ラピエール/アントニン・ボルガ/アレクサンドル・コイニーのラインアップで戦ってきた、LMP2クラスのクール・レーシング42号車オレカ07・ギブソンの不参加が明らかとなった。

 チームの声明によれば、この決定は“コンパクトなスケジュールと、COVID-19に関する最新の制限”によってもたらされたものだという。なおこのトリオは、11月1日にポルティマオで行なわれたELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズの最終戦には同チームから出場している。

 すでに山下健太がシーズンエントリーしてきたハイクラス・レーシングのバーレーン不参加が決まっているLMP2クラスは、これにより6台で争われることになった。

 今回の最新エントリーリストでは、その他にもいくつかのドライバー変更が確認できる。これらは主に、開催週がバッティングしているGTワールドチャレンジ(GTWC)ヨーロッパ/エンデュランスカップのシーズン最終戦ポール・リカールと関連するものだ。

 なお、GTWCを統括するSROモータースポーツ・グループは、新たなフランスにおけるロックダウンのなかで開催に向けて進めている同レースのエントリーリストを、まだ公表していない。

 2018/19シーズンのLMGTEアマクラス王者である、ヨルグ・ベルグマイスターはマッテオ・カイロリにかわってチーム・プロジェクト1の56号車ポルシェ911RSRに乗り込むことになった。カイロリはGTWCヨーロッパ/エンデュランスカップのタイトルを争っている。

 デンプシー・プロトン・レーシング77号車ポルシェ911RSRのマット・キャンベルもまた、GTWC参戦のためバーレーン戦を欠場する。代役を務めるのはノルウェー人ドライバーのデニス・オルゼンで、ル・マン以外のWEC戦はこれが初めての参戦となる。

 バーレーンをスキップする3人目のドライバーは、ガルフ・レーシング86号車ポルシェ911RSRのアンドリュー・ワトソンだ。先日のELMS最終戦でLMGTEクラスのチャンピオンとなったアレッシオ・ピカリエッロが、ワトソンに変わってステアリングを握る。

 一方、これまでGTWCに参戦してきたドライバーでも、引き続きWECバーレーン戦のエントリーリストに名前が残っている者も多い。

 WECでLMGTEアマクラスのポイントリーダーとしてタイトル争いの最終決戦に挑むTFスポーツ90号車のジョニー・アダムは、バーレーンにエントリー予定だ。また、GTWCヨーロッパ/エンデュランスカップのポイントリーダーであるフェリペ・フラガも、チーム・プロジェクト1の57号車ポルシェ911RSRでWECバーレーンに参戦する予定だ。

ル・マンで勝利し、LMGTEアマクラスのランキングトップに立っているTFスポーツ。最終戦では激しいタイトル争いが待ち受けている
ル・マンで勝利し、LMGTEアマクラスのランキングトップに立っているTFスポーツ。最終戦では激しいタイトル争いが待ち受けている

 フェラーリのファクトリードライバーであり、GTWCにもエントリーしているアレッサンドロ・ピエル・グイディ、ジェームス・カラド、ミゲル・モリーナ、ダビデ・リゴン、ニクラス・ニールセンは、いずれもWECバーレーンのエントリーリストに名を連ねている。これらのドライバーがWECに出場する予定のフェラーリだが、GTWCポール・リカールではこれまでどおり2台のフェラーリ488 GT3を走らせるつもりのようだ。

 このほか、10月6日に発表されたエントリーリストではいずれも『TBA』表記となっていたデンプシー・プロトン・レーシング88号車ポルシェ911RSRについては、2名のドライバーが確定。

 さらには、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権セブリング12時間レースとのバッティングによりWECには出場できなくなるアウグスト・ファーフスに代わって、リチャード・ウェストブルックがアストンマーティン・レーシング98号車アストンマーティン・バンテージAMRのステアリングを握ることとなっている。

WEC第8戦バーレーン最新版エントリーリスト

■2019/2020年WEC第8戦バーレーン8時間レース 暫定エントリーリスト(11月2日版)

No. Class Team Machine Driver Tyre
7 LMP1 トヨタ・ガズー・レーシング トヨタTS050ハイブリッド M.コンウェイ
小林可夢偉
J-M.ロペス
MI
8 LMP1 トヨタ・ガズー・レーシング トヨタTS050ハイブリッド S.ブエミ
中嶋一貴
B.ハートレー
MI
22 LMP2 ユナイテッド・オートスポーツ オレカ07・ギブソン P.ハンソン
F.アルバカーキ
P.ディ・レスタ
MI
29 LMP2 レーシングチーム・ネーデルランド オレカ07・ギブソン F.バン・イアード
G.バン・デル・ガルデ
N.デ・フリース
MI
36 LMP2 シグナテック・アルピーヌ・エルフ アルピーヌA470・ギブソン T.ローラン
A.ネグラオ
P.ラゲ
MI
37 LMP2 ジャッキー・チェン・DCレーシング オレカ07・ギブソン H-P.タン
G.オーブリ
W.スティーブンス
GY
38 LMP2 JOTA オレカ07・ギブソン R.ゴンザレス
A.F.ダ・コスタ
A.デビッドソン
GY
47 LMP2 チェティラー・レーシング ダラーラP217・ギブソン R.ラコルテ
A.ベリッチ
G.セルナジョット
MI
51 LMGTE Pro AFコルセ フェラーリ488 GTE Evo J.カラド
A.ピエール・グイディ
MI
71 LMGTE Pro AFコルセ フェラーリ488 GTE Evo D.リゴン
M.モリーナ
MI
91 LMGTE Pro ポルシェGTチーム ポルシェ911 RSR G.ブルーニ
R.リエツ
MI
92 LMGTE Pro ポルシェGTチーム ポルシェ911 RSR M.クリステンセン
K.エストーレ
MI
95 LMGTE Pro アストンマーティン・レーシング アストンマーティン・
バンテージAMR
M.ソーレンセン
N.ティーム
MI
97 LMGTE Pro アストンマーティン・レーシング アストンマーティン・
バンテージAMR
A.リン
M.マルタン
MI
54 LMGTE Am AFコルセ フェラーリ488 GTE Evo T.フロー
F.カステラッチ
G.フィジケラ
MI
56 LMGTE Am チーム・プロジェクト1 ポルシェ911 RSR E.ペルフェッティ
L.テン・フォーデ
J.ベルグマイスター
MI
57 LMGTE Am チーム・プロジェクト1 ポルシェ911 RSR B.キーティング
F.フラガ
J.ブリークモレン
MI
62 LMGTE Am レッドリバー・スポーツ フェラーリ488 GTE Evo B.グリムス
K.コッツォリーノ
C.ノーブル
MI
77 LMGTE Am デンプシー・プロトン・レーシング ポルシェ911 RSR C.リード
R.ペーラ
D.オルゼン
MI
83 LMGTE Am AFコルセ フェラーリ488 GTE Evo F.ペロード
E.コラール
N.ニールセン
MI
86 LMGTE Am ガルフ・レーシング ポルシェ911 RSR M.ウェインライト
A.ピカリエッロ
B.バーカー
MI
88 LMGTE Am デンプシー・プロトン・レーシング ポルシェ911 RSR K.アル-クバイシ
TBA
M.ホルツァー
MI
90 LMGTE Am TFスポーツ アストンマーティン・
バンテージAMR
S.ヨルック
C.イーストウッド
J.アダム
MI
98 LMGTE Am アストンマーティン・レーシング アストンマーティン・
バンテージAMR
P.ダラ・ラナ
R.ウェストブルック
R.ガン
MI