スーパー耐久:HIRIX AMG GT3の高木真一は腰椎と右手首を骨折。早期復帰を目指す

 11月1日に岡山県の岡山国際サーキットで開催されたピレリスーパー耐久シリーズ第3戦『スーパー耐久 in 岡山』のGr-1の決勝レースで、スタート直後の6周目にクラッシュしたST-Xクラスの888号車HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3の高木真一だが、自身のFacebookページで、腰椎と右手首を骨折していたことが明かされた。

 晴天のもとドライコンディションでスタートしたピレリスーパー耐久シリーズ第3戦岡山で、HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3は高木がスタートドライバーを務め4番手からレースを戦っていたが、777号車D’station Vantage GT3をかわし3番手に浮上した後の6周目、岡山国際サーキットで最高速が出るバックストレートからヘアピンコーナーへアプローチする際にアクシデントが起きた。

 HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3は、ランオフエリアの最も奥のスポンジバリアに高速でクラッシュ。オートスポーツwebの調べでは、クラッシュまでの間に速度は落ちていたようだが、それでも激しいクラッシュとなり、フロントからスポンジバリアにヒットした後、向きを変えて停止した。

 高木は事故後意識があり、助手席側のドアから自ら脱出したが、ドクターカーで搬送され、その後ドクターヘリで大学病院に移送。ヘリコプターが飛ぶ際にはフルコースイエローも導入された。

 その後の容態については、高木の公式Facebookページ『高木真一「BionicJack」(https://www.facebook.com/BionicJack/)』に11月3日に掲載された。本人は元気だというが、腰椎と右手首を骨折してしまったという。右手首については、ステアリングからの衝撃によるものだろう。

 今後、高木は木曜に手術を行う予定だという。「皆さまには本当にご心配とご迷惑をおかけすることになってしまい、誠に申し訳ない気持ちでいっぱいです。これから早期復帰に向けてリハビリに徹したいと思います。勝手ではありますが、再起しサーキットで皆様にお会いできる事を目標に頑張りますので待っていて下さると嬉しいです!」とFacebookページには綴られている。

 いまは一刻も早い高木の復活を祈りたいところだが、当然ながら11月7〜8日に迫るスーパーGT第7戦もてぎ、さらには11月21〜22日に開催されるスーパー耐久第4戦もてぎ、11月28〜29日のスーパーGT第8戦富士など、高木が治療に専念するとなれば、代役を務めるのが誰になるのかも気になるところだ。

888号車HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3(山脇大輔/高木真一/ショーン・トン)
888号車HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3(山脇大輔/高木真一/ショーン・トン)
総合優勝を果たしたHIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3(山脇大輔/高木真一/ショウン・トン/根本悠生)
富士24時間で総合優勝を果たしたHIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3(山脇大輔/高木真一/ショウン・トン/根本悠生)