高性能モデル・RSも準備。アウディ「e-tron GT」、ニュルで最終調整

■最高出力582hp、0-100km/h加速3.5秒、最高速度は240km/h(電子制御)

アウディは先日、フルエレクトリック・スポーツカー「e-tron GT」プロトタイプを公式リークしましたが、正式デビュー前最後となりそうなニュルブルクリンク高速テストが行われました。

アウディ e-tron GT_006
アウディ e-tron GT開発車両

公式リークされたプロトタイプ同様に、スリムなヘッドライト、3つの水平スラットを備えたエアインテーク、ワイドなアウディグリルを装備しています。

流れるようなルーフラインはコンセプトモデルそのままに、リアライトストリップ、バンパー、デュフューザーなどが2018年のコンセプトモデルから新設計されていいる様子の伺えます。

アウディ e-tron GT_010
アウディ e-tron GT開発車両

EVパワーユニットは、96kWhのバッテリーパック、前後に電気モーターを搭載し、最高出力は582hpに達します。0-100km/h加速は3.5秒、12秒で200km/hに到達し、最高速度は240km/h(電子制御)のパフォーマンスを発揮。

WLTPサイクルで248.5マイル(400km)の航続距離となり、800ボルトの急速充電では約20分で80%レベルまで充電が完了します。

市販型のワールドプレミアは202年内と思われ、CEOのマルクス・ドゥスマン氏は、より強力な「RS」バージョンも同時公開すると語っており、期待がかかります。

(APOLLO)