スーパーGT:TGR TEAM KeePer TOM’Sがキャシディの終盤2戦欠場を発表。山下が代役

 スーパーGT GT500クラスに参戦するTGR TEAM KeePer TOM’Sは11月2日、11月7〜8日に開催されるスーパーGT第7戦もてぎ、11月28〜29日に開催される第8戦富士で、KeePer TOM’S GR Supraのドライバーラインアップを変更し、ニック・キャシディに代わって山下健太を起用すると発表した。

 TGR TEAM KeePer TOM’Sは、2017年から平川亮とキャシディのコンビで参戦。2017年にはGT500チャンピオンを獲得するなど、スーパーGTの最強コンビのひとつとして活躍しており、2020年も第1戦富士を制し、新規定初年度のウイナーに。第6戦鈴鹿までを終えて首位と1ポイント差のランキング2位につけていた。

 そんなふたりがドライブしていたKeePer TOM’S GR Supraだが、第7戦もてぎから急遽キャシディがスーパーGTを欠場することになった。キャシディは2020-2021シーズンからフォーミュラEにヴァージン・レーシングから参戦することが決まっており、その参加準備のため、残り2戦の出場が困難になったためだという。

 代わって平川のパートナーを務めることになったのは、2019年のGT500チャンピオンである山下健太だ。2020年はWEC世界耐久選手権とスーパーフォーミュラの活動がメインとなっていたが、ヘイキ・コバライネンが来日できなかったことにより、今季すでにGRスープラをドライブした経験もある。また全日本F3選手権時代はキャシディとともにトムスから参戦し、タイトルを争ってきた。代役としてはこれ以上ない存在だろう。

 TGR TEAM KeePer TOM’Sは「チームとしては苦渋の決断ではありましたが、ニック選手の将来と世界選手権での活躍を鑑み参加の承諾をいたしました。残り2戦、シリーズチャンピオンを獲得するべく、キャシディ選手の元チームメイトの山下健太選手を起用し、平川亮選手とのコンビネーションで、チーム一丸となり全力で戦います」とした。

 この間には全日本スーパーフォーミュラ選手権のオートポリス戦も開催されるが、こちらも気になるところ。平川と山下という強力なパッケージは、タイトル争いを展開するライバルにとっては非常に手強い存在となりそうだ。

KeePer TOM'S GR Supraでキャシディの代役を務めることになった山下健太
KeePer TOM’S GR Supraでキャシディの代役を務めることになった山下健太
2017年からコンビを組んできた平川亮とニック・キャシディ。第1戦富士も制していた。
2017年からコンビを組んできた平川亮とニック・キャシディ。第1戦富士も制していた。