フォーミュラ・リージョナルの2021年は全5ラウンドの開催。F1日本GPのサポートも

 JAF日本自動車連盟は、10月30日付けで2021年の地方レース選手権カレンダーの一覧を公開しているが、このなかで2020年から童夢F111/3シャシーを使って開催されているフォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップの2021年カレンダーも発表された。

 世界的なジュニアフォーミュラの再編とともに、2020年から日本でもスタートしたフォーミュラ・リージョナルは、初のシーズンは全6ラウンド14戦で開催。すでに第5ラウンドまでを終え、阪口晴南(SUTEKINA RACING TEAM)が参戦しなかった第2ラウンド以外全勝を飾っている。

 そんなフォーミュラ・リージョナルだが、2021年は全5ラウンド13戦が開催されることになった。第1ラウンドは6月の岡山国際サーキットで、オートポリスではスーパー耐久と併催。スポーツランドSUGO、ツインリンクもてぎでも開催されるが、2021年はスーパー耐久との併催は1ラウンドのみとなる。

 一方、最終ラウンドの第12戦/第13戦は、F1日本グランプリのサポートレースとして組み込まれることになった。これまでF1日本グランプリでは、ポルシェカレラカップ・ジャパンに加えジュニアフォーミュラがサポートに組み込まれることが多く、フォーミュラ・リージョナルの参戦ドライバーたちはF1関係者の眼前で走れることになる。

フォーミュラ・リージョナル 2021年カレンダー

Round Race Date COURSE Event
1 1/2/3 6月26〜27日 岡山国際サーキット OKAYAMAチャレンジカップレース
2 4/5 7月30日〜8月1日 オートポリス スーパー耐久
3 6/7/8 8月21〜22日 スポーツランドSUGO SUGOチャンピオンカップレース
4 9/10/11 9月4〜5日 ツインリンクもてぎ もてぎチャンピオンカップ
5 12/13 10月7〜10日 鈴鹿サーキット F1世界選手権 日本グランプリ