サインツ7位「目の前でアルボンがスピンしたのでヒヤッとした」マクラーレン【F1第13戦決勝】

 2020年F1エミリア・ロマーニャGP決勝で、マクラーレンのカルロス・サインツJr.は7位、ランド・ノリスは8位だった。

■マクラーレンF1チーム
カルロス・サインツJr. 決勝=7位
 チームにとってまずまずの、手際よく運ばれたレースだった。予選からポジションを3つ上げたし、メカニックたちもピットストップでいい仕事をした。これといったトラブルもなく、ペースの面では前方のクルマよりこっちの方が少し速いように感じた。ただ、オーバーテイクはものすごく難しくて、望んだほどには順位を上げることができなかった。

 リスタートではヒヤッとする出来事があった。目の前で(アレクサンダー・)アルボンがスピンしたんだ。僕は思い切りブレーキを踏まざるをえず、速度を落としたために後続のクルマに対して守勢に立たされた。それでも何とかポジションを守って、7位でフィニッシュできたんだ。

 チームの2台が揃ってトップ10に入り、ポイントを稼いだことで、選手権の順位争いでもいい位置をキープした。だが、そっちの戦いはますますタイトになっているので、これからも進歩を続ける必要がある。

2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGP カルロス・サインツJr.(マクラーレン)
2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGP カルロス・サインツJr.(マクラーレン)

ランド・ノリス 決勝=8位
 できることは、あまり多くはなかった。全然オーバーテイクができなかったけど、それはフィールドの大半にとっても同じだった。セーフティカー直後のギャップが詰まった時でもね。前のクルマを抜けるほどのペースのアドバンテージはなかった。0.3秒から0.4秒くらい速くても、なかなか前には出られない。ターン1への進入でポジションを守りさえすれば、その周はもう抜かれる心配はないんだ。だから、とにかく誰もがポジションを守ろうとするレースになった。

 とはいえ、ひどく落胆するほどではないと思う。ペースは悪くなかったし、このところ運に恵まれていないだけだ。終盤の数戦では、自分たちの戦い方を見失わないようにする必要があるし、そのように努めるつもりだよ。

ランド・ノリス(マクラーレン)
2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGP ランド・ノリス(マクラーレン)